木村高宏 (@KIMURATakahiro)

投稿一覧(最新100件)

RT @hata_kpu: 善教将大・秦正樹(2017)「なぜ 「わからない」 が選択されるのか :サーベイ実験による情報提示がDKに与える影響の分析」が公開されたらしい。この論文,公共政策学会の論説賞もいただいたやつです。https://t.co/f71G9hBuJW
RT @shintarokurachi: 日本自治学会の公開セミナー「2040年の自治を考える」が『立教経済学研究』に掲載されているのを発見。機関リポジトリで読めますね。 https://t.co/eZD25PvtX3
RT @nomikaishiyouze: CiNii 論文 -  通学キャンパス立地環境の違いが大学生の浮気に対する態度に与える影響の検討 : https://t.co/I1GyIrXRwl #CiNii
RT @eiji_kawano: SMS を用いた世論調査における回答者の属性と回答の傾向 渡辺健太郎(大阪大学) https://t.co/DLfgkVpul0
RT @sunaharay: 菅原さんの指摘する女性の競争環境・稀少性はSNTV/MMDでは重要な論点で,芦谷圭祐さんが近年の地方議会での政党の戦略を含めた分析をしてます。/ CiNii 論文 -  女性擁立の政党政治 : 二元代表制における協調と対立 https://t.co…
公開されました。「京都市の施策選好空間とその影響」『政策科学』27(4) https://t.co/v92g5QbGwv
今こそ拙著か… https://t.co/XfDzQIOYmd https://t.co/E8kS3WwTwV
RT @komiya_aoyama: 小宮京は「『nicola』小史 チャイドルからニコ㋲へ」『史友』52号(2020年3月)を寄稿しました。ゲラを見たとある先生から「これはいいのかと思った」とのコメントを頂きました。昨年の「問題作」こと、読モ論文(https://t.co/C…
村井万寿夫「石川県の小学生と中学生の携帯電話についての意識調査」は本文PDFは検索でヒットするのにCiNiiからは飛べないのね>CiNii 論文 -  石川県の小学生と中学生の携帯電話についての意識調査 https://t.co/ROZTbUtP9g #CiNii
RT @MZenkyo: 新しい有権者(=若年層)は、具体的な利益ではなく、むしろ抽象的な民主主義の規範情報に対して反応し、政治関心を形成する傾向にあることを実証した論文。https://t.co/nLpjW7OD5k

1298 8 0 0 OA 殖民地要覧

RT @demauyo_tadaimo: お兄ちゃんは「韓国併合は植民地支配とは違う!」と言うけど当時の日本政府は堂々と公文書で朝鮮を植民地呼ばわりしてたよ。今さら改竄は無理よ? https://t.co/twR4TDKqTr https://t.co/yQy5eEleE0 h…
RT @BotKmgi: CiNii 論文 - 新たな貧困調査研究の構想のために : 日本国内の貧困研究の再検討から〜PDFあり 貧困の空間,学校,路上などなどに着目し,総体的に論じている. https://t.co/StJWbL6IOv
@miraisyakai 上ノ原さんは選挙研究上の政党支持の理解との異同を気にされてるのではないかと。例> J-STAGE Articles - 選挙研究における「政党支持」の現状と課題 https://t.co/s6x7j1sofa
「(略)英語民間試験導入延期の分析可能性」とか書けそうw>J-STAGE Articles - 「政策の窓」モデルを用いた大学入試政策の分析可能性 https://t.co/Ngm2sVHpAq
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
RT @hatano1113: 山形大学のデータで、論文数に対して性別や家庭状況は有意でなく、出張日数が有意に正で出張支援が重要と。が、生産性の高い人は論文も出張も多いだけか。または論文が多いと報告を頼まれやすいか。坂無淳(2014)「大学教員の研究業績に対する性別の影響」『社…
貢献可能性感覚が高くないとかロイヤルティが高くないとか。(拙著):https://t.co/mYDrNrcpof https://t.co/CKgl6ckEkt
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 親だけど思春期 : ママ友という名のイツメン (親の生きづらさ : 子どもを育てるということ) -- (教育環境と親の立ち位置)(岩宮 恵子),2017 https://t.co/RwsiMze36Q
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 歌唱特徴付与システム「ロックボーカルレゾネータ」(辰巳 直也ほか),2010 https://t.co/kQzxa0dNZi
RT @Y3suburb: CiNii 論文 -  大学設置基準の大綱化と大学の変貌(I 論説<規制緩和と大学の将来>) https://t.co/nSKEll1JrO
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? サッカーPK戦におけるゲーム理論上の最適戦略とプロの戦略との差異に関する考察(小泉 昂也ほか),2018 https://t.co/LTUOEZ04Zj
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 日常生活行動における確率的因果構造モデルの構築と行動推定(石川 詔三ほか),2008 https://t.co/iTC8oBFH1c
RT @monogragh: KAKEN — 研究課題をさがす | 大学評価への計量書誌指標の導入のもたらす社会科学研究への逆機能性に関する研究 https://t.co/EWnGI7dnly おもしろそうな研究が科研費をとっている・・・。
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 市町村合併にともなう保育サービスの変化:石川県かほく市を事例に(阿部 智恵子ほか),2014 https://t.co/xsewRaXrH6
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 確率論的安全評価法によるタイタニック号事故の解析 : 不確実さを考慮した解析(システム技術部,所外発表論文等概要)(松倉 洋史ほか),2000 https://t.co/TqvZA5XRsp
RT @dandonban: @marxindo 以前読んでいて面白いぁーって論文です、ご参考まで ➾5.学歴:70年代前半までは小中卒程度が多数派を占める。その後、より高学歴化する傾向も見られ、大卒者 も増加している(P.120) 民衆宗教としての創価学会 : 社会層と国家…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 国民年金と生活保護に関する実質的受給額の比較--高齢者単身世帯および高齢者2人世帯を例にして(和田 一郎ほか),2010 https://t.co/IFdNxBcxWK
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 近代日本の経営思想--澁澤榮一の『論語と算盤』を中心にして(飯島 寛一),2011 https://t.co/72CeAstvA5
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 中学校社会科における「外国人技能実習制度」の教材化 : 日本の国際貢献と中国人実習生の意識及び地域産業の実態との関係に注目して(戸田 善治ほか),2013 https://t.co/DLBeOtbyMJ
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 政府機関が公的扶助の捕捉率を把握・公表する際の論点--アメリカの政府説明責任局(GAO)による見解に着目して(野田 博也),2009 https://t.co/HD85Nq6EA2
RT @MZenkyo: 一部の選挙では既に期日前投票が始まっていますね。投票日に投票する人と期日前に投票する人の間には相違があるという話をよく耳にしますが、それを実証的に分析する研究は少ないです。岡田先生の論文は、その意味ではとても貴重な研究だと思います。https://t.…
RT @MZenkyo: 私が選挙における「節約」的観点を問題視する理由は、現実問題として、(おそらく「節約」の観点から)投票所数の減少や投票時間の短縮などが行われており、それが投票率の低下をもたらす原因となっているためです。詳しくは松林先生の論文をご参照ください。https:…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? ことばの丁寧さの経年変化と社会的要因 : 岡崎敬語調査から(柳村 裕),2014 https://t.co/e9uX22xwHC
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 日米安保条約をめぐる日本の世論の影響 : 岸政権と鳩山政権の比較から(北村 知史ほか),2014 https://t.co/C5KiZbPbBT
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? ウサイン・ボルトの" I "は、なぜ「オレ」と訳されるのか : スポーツ放送の「役割語」(太田 眞希恵),2009 https://t.co/Ej2LOhVMA6
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 「協同的探究学習」を用いた国語科教育 : 中学校における実践例「説明文の読み比べ」及び「意見文を書く」(加藤 直志),2011 https://t.co/KHSl3xMtDM
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? ノネコの日周活動について(伊澤 雅子),1983 https://t.co/aeBzTaaW3p ノネコの日周活動を知るため, 福岡県の離島, 相の島において, ラジオ・トラッキング法と直接観察…
RT @monogragh: 京極純一「政界政治と『政治』改革」(1989) https://t.co/MCOGmtGZgX どうも京極先生は、政治改革を「人間の品位の尊厳」という観点から思考する傾向がある。 この視点はのちに『世のため、人のため』(1998)として形になる。
RT @high190: “KAKEN — Research Projects | Panel survey on the vocational relevance of university education of humanities and social science…
RT @kenichi_ohkubo: この論文、学生の時に読んでもいまいちピンと来なかったんやけど、今読むと最初から最後までめっちゃ刺さってくる。凄い論文です。 J-STAGE Articles - 行動修正のコンテクスト https://t.co/TRUub4Jy3t
RT @r_shineha: 小林先生のこちらの論文の第2節「大学はいつから「カネが足りない」と訴えるようになったか」とかは端的にまとまっているので必読 / 小林信一(2015)「大学改革と研究費―運営費交付金と競争的研究費の一体的改革をめぐって」 『レファレンス』https:…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? ジオグラフィー・コミュニケーターとアウトリーチ地理学の提案(長谷川 直子ほか),2015 https://t.co/IQ23ua991e
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 科学研究費補助金:国立大学外国語サイバー・ユニバーシティ用コンテンツ開発研究による教材 : 基本説明・聞く練習・話す練習・ゲーム部分について(井上 美穂),2006 https://t.co/63IAZxIi3j
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 他者の信頼性判断の正確さと一般的信頼-実験研究(菊地 雅子ほか),1997 https://t.co/JUKeWVSsXF
RT @Ryosuke_Nishida: 厳しい数字…→「60年代から70年代の頃は博士課程修了後1~2年で大学教員になれたということである。90年代の初頭にはもうすでに3人に2人は大学教員のポストに就けない状況であった(中略)(引用者補足、09年度)人文科学系の博士課程生は約…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 『プリキュア』に見る髪色とキャラクタ ー の特徴の関連性(崎田 皐月),2018 https://t.co/CM5fGuMdTM
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 競争馬の体重と競争能力との関係(常本 建輔ほか),1992 https://t.co/Ge5hLIq9yf 競争馬の競争能力は,走行タイム,獲得賞金,ハンデキャップなどを指標…
RT @okisayaka: ↓人文系で著書が大事な件については京大のC-PIERの過去の調査や今の調査にはっきり出てるのだが、結果が閲覧しづらいですね。 https://t.co/6DQWM6Wgmb 著書を評価するための国外の取り組み含めた全容については標葉隆馬 さんのこち…
RT @myamadakg: CiNii 論文 -  なぜ経済的保守派は社会的に不寛容なのか:草の根レベルの保守主義の形成における政治的・社会的要因 https://t.co/kSYWq5eB41 #CiNii
RT @high190: "大人数を対象とした参加型オリエンテーションの試み" / “京都産業大学 学術リポジトリ” https://t.co/aVWaiCHy5g #大学職員 #研究
RT @monogragh: J-STAGE Articles - 論文査読の政治学 https://t.co/f3QtWmzX3l 政治学は関係なかった。
RT @akabishi2: 飛ばし読みだけど、こんなのが博論なのか…。 つくる会や、その反対勢力に対する評価が酷い。事実誤認(故意?)もあるし。 著者は西岡・高橋らの「歴史認識問題研究会」事務局次長… 《「戦後歴史学」から見る戦後日本における歴史学の変遷 : 歴史学研究会を…
RT @hayakawa2600: 「まずは、簡略ではあるが、歴史学研究会と「新しい教科書をつくる会」の設立の概要から説明していきたい」からはじまる文章に噴飯。この二つを並列に並べられる大学の紀要論文があるとは驚愕:長谷亮介/戦後歴史学と自由主義史観――近現代史を巡る歴史像の違…
RT @tkshhysh: (表立って)賛同できない点もあるが,率直で面白い. J-STAGE Articles - いかにして英文雑誌に論文を掲載するか https://t.co/FyPsBanMJk
RT @mtknnktm: この論文、因果推論(一般化傾向スコア)を「どうやって使ったか?」について詳しく書いてあって、チュートリアルみたいになっててすごくいい → ソフトニュースへの接触は政治的関心を高めるか https://t.co/1eR4OYXVOF
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 面接調査の現状と課題(寉田 知久),2008 https://t.co/04mCKVwCFg THE YOMIURI SHIMBUN has conducted monthly public opini…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 読売新聞社の選挙情勢調査(寉田 知久),2002 https://t.co/QD8eYgHSwh In the July 2001 election of the House of Counci…
ふむ…>CiNii 論文 -  高校野球における基礎体力が大会出場登録に与える影響について https://t.co/pSWmk5MUAH #CiNii
RT @Akaruisenkyo: 国立国会図書館が出されているレファレンス809号(2018年6月)に、「諸外国の選挙制度-類型とその効果-(資料)」というとりまとめがありました。 https://t.co/2amIiJnYfY
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 総務省「国家公務員のソーシャルメディアの私的利用に当たっての留意点」取りまとめの意義と影響(板倉 陽一郎),2013 https://t.co/Q9fUX5mtbu
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 家庭背景が子どもの自己効力感に与える影響: ケニア・エルドレッド市の小学校を事例に(子浦 恵),2016 https://t.co/4pegq9Vl2q
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 『はだしのゲン』の計量的分析 : 表現変容プロセスに見る〈感性〉と〈理念〉の揺らぎ(大瀧 友織ほか),2006 https://t.co/JdUnfDQJAf
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 日露戦争期の少女雑誌における領域としての<ロシア> : 「少女界」を例に(溝渕 園子),2012 https://t.co/mKRbSyYGQB
京大のタテカン、そのうちにこういうテクノロジーが導入され…ないか、デジタル技術は何かプチブルwぽいし(個人の意見です)ていうかそもそも論点はそこじゃないしな>CiNii 論文 -  歩行連動画像と後退背景画像の相対速度を用いた移動広告の提案 https://t.co/6jluxbNIpK #CiNii
RT @monogragh: 田中愛治「アメリカ政治行動論発展の基礎 : ミシガン学派の確立と貢献」(1989)https://t.co/EzXp2nvWGN
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 電話調査が「市民権」を得るまで : 日経世論調査の歩み(世論調査の60年)(岡崎 守恭),2009 https://t.co/a84tA9Z7Sq
RT @snatool: 日下田岳史「大学進学機会の地域格差に関する仮説生成型研究」https://t.co/qeD3I2mH0u 高校生の意識調査。北海道では家庭の経済環境を気にする比率が高く、関東では進学が当たり前と思っている比率が高い。
RT @M_higashijima: 中央アジア3か国の選挙制度改革を比較した『選挙研究』の私の論考がオンライン上でアクセス可能となりました。いわゆる選挙権威主義体制の選挙制度改変は、研究蓄積のある民主主義国のそれと全く異なる論理でなされることを分析は示唆しています。https…
RT @yuji_ikegaya: 【席位置と成績の関係】デキの良い学生は大学の講義で前方席には座わらないようです。昨年の論文より→ https://t.co/fdlGZUqoSI (注:無理やり前方に座らせると成績が伸びるという報告はあります→ https://t.co/Tq…
RT @niwa_isao: 授業で読ませる論文を探していたらすごいのが引っかかった。 CiNii 論文 -  森友・加計問題はフェイクニュース : 国家戦略特区ワーキンググループの議事録で文科省内文書はあっさり崩れる (総力特集 どうする! 安倍政権) https://t.c…
RT @takahi: 「統計検定を理解せずに使っている人のために」シリーズが好きです。 https://t.co/ZVv2nrAFd0
RT @morinagayasuko: ネットにあがりました。J-STAGE Articles - 女子中高生の数学に対する意欲とステレオタイプ https://t.co/QmNoFSlfP6 (教育心理学研究)

37 0 0 0 OA 社会意識の構造

RT @han_org: 「決められる政治」というとこれを思い出す。城戸浩太郎・杉政孝(1954)による日本ファシズム尺度。 https://t.co/rZv7PxYuj7 https://t.co/MEF88ktO3j
RT @Akaruisenkyo: 国立国会図書館の公開資料です。勉強しなければ。 「主要国における政治資金の使途制限‐個人的支出の制限を中心に‐」 国⽴国会図書館 調査と情報‐ISSUE BRIEF‐ 第991号(2018.1.18) https://t.co/cqgpEek…
RT @pentax: J-STAGE Articles - 学業場面における誘惑対処方略の有効性の検討 https://t.co/gpL97K0elq
RT @brighthelmer: ゼミ生の卒論で紹介されていた、「生活保護受給世帯のなかで不正受給はどれぐらいの割合を占めると思うか」という意識結果(山田壮志郎「生活保護制度に関する市民意識調査」より)。平均が30%という結果。2014年の調査で実際の不正受給件数は2.7%だ…
RT @sunaharay: 歴史的制度論のサーベイ,Oxford Handbookより今井真士さんの書いたものの方が手際よくまとまってて読みやすかった。出てくる文献も大体同じだし。/ 比較政治学における歴史的制度論・比較歴史分析の着想の発展 : 科学哲学的基礎の模索から論理学…
RT @kenichi_ohkubo: この論文面白かった。 1.教師の経験年数が多くなるほど、ABA理解度が低い 2.児童の問題行動の原因を個人要因に帰属する教師ほど、ABA理解度が低い 3.ABA理解度が低い教師ほど「児童管理傾向」が強くなる 4.「児童管理傾向」が強い教…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 時事 阿倍野歩道橋架け替えの契約金額が当初の1.4倍に,2012 https://t.co/mTP4CYJnqO  大阪市がJR天王寺駅前で進めている阿倍野歩道橋架け…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 民間機関による著作権保護 : 日本音楽著作権協会のゲーム理論的分析(新井 泰弘),2012 https://t.co/0DluaOcYHM
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 調査報告 : 放送労働者と「受け手」=市民によるメディア公共圏の規範形成 : KBS京都放送労働組合の活動事例から(須藤 春夫ほか),2011 https://t.co/LsS6IiR40W
RT @agawataiju: 喫煙者の方が生涯医療費が低い、という論文はこちらです。 https://t.co/7QXnOR8TrU
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? Pokemon GOが観光に与える影響に関する一考察(小池 拓矢ほか),2016 https://t.co/mpWA09Vhp2 <b>1.</b><b> </b><b>…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 大阪環状線各駅の位置を含めた認知度に関する研究(土井 亜香里ほか),2017 https://t.co/0gvgVpQMT6
RT @HashimotoTomoya: 「統計検定を理解せずに使っている人のためにIII」(池田郁男先生/東北大学大学院)https://t.co/2eewrfFSxh
RT @high190: “学習動機の多様性 : アクティブラーニング型授業における鍵要因 : HUSCAP” https://t.co/LFdNT59jbI #学習
RT @noricoco: なぜ中学に入ると突如教科書が読めなくなるか。こういう研究結果も出ています。https://t.co/41YUE0lumf
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 世論調査と出口調査データから推定した傾向スコアを用いた選挙予測について(福田 昌史ほか),2007 https://t.co/JJvUgujei1
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 痴漢冤罪をつくる供述(法と心理学会第7回大会ワークショップ)(一瀬 敬一郎ほか),2008 https://t.co/Gx16yCJTRU
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 臨床実習が特性的自己効力感の変容に及ぼす影響(時任 真幸),2014 https://t.co/uwmHpaVYsh
RT @tkobyashi: 傾向スコアによるオンライン調査データの補正。隔世の感がある。Propensity Score Adjustment for Internet Surveys of Voting Behavior: A Case in Japan https://t…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 「声を聴く」から「データを取る」へ「即調査・速報道」時代のはじまり : 1970年代の朝日新聞世論調査(世論調査の60年)(今井 正俊),2009 https://t.co/FmJiccfhmK
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? なぜ,大学に進学しないのか : 顕在的需要と潜在的需要の決定要因(矢野 眞和ほか),2006 https://t.co/IrMF6liurv
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 図画工作科授業「仲間わけをしよう : ぼくらは芸術鑑定団」の実践と検討(三根 和浪),1997 https://t.co/sRNhGiSSNS
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 2005年総選挙後における政策決定過程の変容(上川 龍之進),2007 https://t.co/pLDdVlJsM8 本稿は,2005年総選挙以後の小泉政権において…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? スカート丈およびブレザー丈の周期性について(富山 貴子ほか),2003 https://t.co/iCDtN73s4X
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 階級づけられる学問 : 腐敗と堕落の危機に瀕する学術コミュニケーション(ポスト デイヴィッドほか),2013 https://t.co/6sfokYSjnA
RT @high190: “KAKEN — Research Projects | 新構想大学の誘致をめぐる地方における政治・行政過程とその効果 (KAKENHI-PROJECT-16K04531)” https://t.co/094NXLL0iZ #KAKEN #高等教育 #…
RT @ryusukematsuo: 伊藤隆太 [2013] 「国際政治研究におけるプロスペクト理論――方法論的問題と理論的含意」『法学政治学論究』98: 103-132 https://t.co/77lGwJqTH3

お気に入り一覧(最新100件)

日本自治学会の公開セミナー「2040年の自治を考える」が『立教経済学研究』に掲載されているのを発見。機関リポジトリで読めますね。 https://t.co/eZD25PvtX3
関西大学法学研究所地方議会研究班で昨年度まで行っていた共同研究の成果が関西大学リポジトリに登録され、フリーでダウンロードして読めるようになりました。『地方議会の審議過程 : テキスト分析による定量化の試み』です。https://t.co/ZqhQdhjXLs
SMS を用いた世論調査における回答者の属性と回答の傾向 渡辺健太郎(大阪大学) https://t.co/DLfgkVpul0
CiNii 論文 - 福祉国家の再編と時間政策 : いまなぜ「時間」なのか  https://t.co/GkoAq4dn2A
多元的無知に関する社会心理学研究 岩谷・村本 多元的無知の先行因とその帰結 https://t.co/jXrJUVKdNO 岩谷・村本 多元的無知の先行因についての検討 https://t.co/ui5F82FLQY 宮島・山口 忖度と選択 – 他者信念の誤った思い込みが男性による育児休業の取得を抑制する https://t.co/o4cE4oeNa6
多元的無知に関する社会心理学研究 岩谷・村本 多元的無知の先行因とその帰結 https://t.co/jXrJUVKdNO 岩谷・村本 多元的無知の先行因についての検討 https://t.co/ui5F82FLQY 宮島・山口 忖度と選択 – 他者信念の誤った思い込みが男性による育児休業の取得を抑制する https://t.co/o4cE4oeNa6
新しい有権者(=若年層)は、具体的な利益ではなく、むしろ抽象的な民主主義の規範情報に対して反応し、政治関心を形成する傾向にあることを実証した論文。https://t.co/nLpjW7OD5k
小林信一2019「高等教育政策の研究」『教育社会学研究』104を年を跨いで読んだ。"研究者の政策貢献は、常に反省的でなければならない。"こちらも高等教育研究の学徒必読。大学職員は研究が生業でないので、バイアスを排した政策形成に寄り添わない研究を自由にしやすいはず。 https://t.co/dmswoAMoQu
日本選挙学会の学会誌『選挙研究』(32巻1号、2016年)に発表した拙論「「阿波戦争」に関する一考察―第10回参議院選挙徳島地方区における保守系候補の対立を中心に」がJ-stageで公開されました。よろしくお願いいたします。https://t.co/VpwN56F01L
なので、三角比を比ではなく長さで定義するという提案があります。例えば研究例としてはこれ(https://t.co/n0Ug6K0wLD)とか、かつてはこう定義する高校教科書もありました。さすがの三省堂です。今はこう定義する教科書はありません。 https://t.co/BZ5kQGAjDe
CiNii 論文 - 新たな貧困調査研究の構想のために : 日本国内の貧困研究の再検討から〜PDFあり 貧困の空間,学校,路上などなどに着目し,総体的に論じている. https://t.co/StJWbL6IOv
稲増さんのあの論文は面白かった。稲増 一憲, 清水 裕士, 三浦 麻子. 評定尺度法の反応ラベルによる影響の補正:公的組織への信頼に関する社会調査を題材として. https://t.co/802TU88lHD
人に紹介するので調べてたけど、今必読論文な気がする→J-STAGE Articles - 創造都市と新自由主義 https://t.co/ZYZsBl0Tah
深堀 聡子 九州大学, 教育改革推進本部, 教授 / “KAKEN — 研究課題をさがす | 学修成果アセスメント・ツールの活用を通した学習システム・パラダイムへの転換 (KAKENHI-PROJECT-18H01033)” https://t.co/oNmvFejKAc #KAKEN #分野別質保証 #学修成果
【新しい論文が公刊されました】 坂本治也・秦正樹・梶原晶.2019.「NPO・市民活動団体への参加はなぜ増えないのかー『政治性忌避』仮説の検証」『ノモス』44:1-20. https://t.co/sjWVRKEP2T リンク先からどなたでも無料で読むことができます。ご笑覧いただけば幸いです。
授業で話した、日本年金学会2016 年総会 「年金を巡る情報発信のあり方」での講演録「年金の誤解と克服と到達点」 https://t.co/HnQvr5urhW 使用したパワーポイント https://t.co/Goe7p3Rz4Q パネルディスカッション「年金を巡る情報発信のあり方」 https://t.co/ehYOGeOSP8
授業で話した、日本年金学会2016 年総会 「年金を巡る情報発信のあり方」での講演録「年金の誤解と克服と到達点」 https://t.co/HnQvr5urhW 使用したパワーポイント https://t.co/Goe7p3Rz4Q パネルディスカッション「年金を巡る情報発信のあり方」 https://t.co/ehYOGeOSP8
KAKEN — 研究課題をさがす | 大学評価への計量書誌指標の導入のもたらす社会科学研究への逆機能性に関する研究 https://t.co/EWnGI7dnly おもしろそうな研究が科研費をとっている・・・。
「有権者の選挙疲れ」か、それとも「政治家の動員疲れ」かは、亥年現象の解釈を巡る論争点でもあります。ちなみに、この点を検討するものとしては三船先生の論文があり(https://t.co/ieVF1fbMkI)、そこでは「選挙疲れ」説が支持されるとの結果が示されています。 https://t.co/4wa7rQLeIJ
世襲議員の強さはSmith先生のDynasties and Democracy(https://t.co/hVuzChv92P)で詳細な分析がなされてますが、得票継承への世襲の効果に注目し、これを厳密に分析した論文もあります。福元・中川「得票の継承に対する世襲の効果:政党投票・候補者投票との比較」 https://t.co/EEivZmuGle
こんな論文どうですか? 中学校社会科における「外国人技能実習制度」の教材化 : 日本の国際貢献と中国人実習生の意識及び地域産業の実態との関係に注目して(戸田 善治ほか),2013 https://t.co/DLBeOtbyMJ
こんな論文どうですか? 政府機関が公的扶助の捕捉率を把握・公表する際の論点--アメリカの政府説明責任局(GAO)による見解に着目して(野田 博也),2009 https://t.co/HD85Nq6EA2
一部の選挙では既に期日前投票が始まっていますね。投票日に投票する人と期日前に投票する人の間には相違があるという話をよく耳にしますが、それを実証的に分析する研究は少ないです。岡田先生の論文は、その意味ではとても貴重な研究だと思います。https://t.co/nMB7XPUEHI
@Barrettm95sp 都市問題の論文はお読みになられましたか?木寺先生の中選挙区批判批判のエッセンスはここに詰まってる…はず https://t.co/4PA5XLO7aJ
私が選挙における「節約」的観点を問題視する理由は、現実問題として、(おそらく「節約」の観点から)投票所数の減少や投票時間の短縮などが行われており、それが投票率の低下をもたらす原因となっているためです。詳しくは松林先生の論文をご参照ください。https://t.co/yHlrSWgMAj
"「アメリカ合衆国の議会制度」国⽴国会図書館調査と情報―ISSUE BRIEF―No. 1045(2019. 3.7)" / “https://t.co/UH9PskDKeG” https://t.co/ofC5wrewp2 #政治 #行政 #法制執務
ちなみに河野先生の著作でも「比較的冷静な有権者」像は垣間見えますが、福元・水吉論文(https://t.co/E8n4KGEO1O)も、似たような解釈ではないかなと思います。あと拙著でも引用してますが山田先生の著作(https://t.co/jcaGNodyab)もですかね。
京極純一「政界政治と『政治』改革」(1989) https://t.co/MCOGmtGZgX どうも京極先生は、政治改革を「人間の品位の尊厳」という観点から思考する傾向がある。 この視点はのちに『世のため、人のため』(1998)として形になる。
“KAKEN — Research Projects | Panel survey on the vocational relevance of university education of humanities and social sciences (KAKENHI-PROJECT-24330232)” https://t.co/AymTqGBpuq #KAKEN #教育社会学 #高等教育研究
私は北九州大の秦さんと、この点をサーベイ実験により検証しました。善教将大・秦正樹(2017)「なぜ「わからない」が選択されるのか」https://t.co/pM9H9Uc0Mg
この論文、学生の時に読んでもいまいちピンと来なかったんやけど、今読むと最初から最後までめっちゃ刺さってくる。凄い論文です。 J-STAGE Articles - 行動修正のコンテクスト https://t.co/TRUub4Jy3t
トークでは「経済学でも「理論が王様」時代から「できる子は実証」時代へのシフトがある」って言ったけど、これにも多分固有のゆがみがあって。その辺の事情は昔書きました少しだけ。 https://t.co/ChHZBFKKu1
新聞に掲載された社会運動の件数と内容からその盛衰や変容を分析した研究、日本ではこういったものがあります。 西城戸誠・山本英弘「戦後東京における社会運動の変容: イッシューリレーションアプローチによるイベント分析」『人間環境論集』7(2), 2007年 https://t.co/taqowIGOuI
↓人文系で著書が大事な件については京大のC-PIERの過去の調査や今の調査にはっきり出てるのだが、結果が閲覧しづらいですね。 https://t.co/6DQWM6Wgmb 著書を評価するための国外の取り組み含めた全容については標葉隆馬 さんのこちらの論文が重要かと https://t.co/vO8RaDDvTs
J-STAGE Articles - 権力構造の発生モデル https://t.co/I9Hk2wrINt 男女の会話分析から進化ゲーム理論で性による権力を産出するメカニズムへ.
三浦麻子・飛田操(2002) 集団が創造的であるためには:集団創造性に対する成員のアイディアの多様性と類似性の影響 https://t.co/gVB03eAFmy 「集団が創造的となるためには, 成員相互の多様性と類似性がともに必要となることが示唆された。」あたりの話ですか文理の無駄なdisりあいと関連するのは.
社会調査もちょっと選択肢の副詞が違うと結果に影響するという論文がありましてね.これを素敵に統計モデリングで補正しちゃう方法もなくはないよ研究も進行形ですのよ. https://t.co/oRmdSWaqmO
"大人数を対象とした参加型オリエンテーションの試み" / “京都産業大学 学術リポジトリ” https://t.co/aVWaiCHy5g #大学職員 #研究
近藤(2014)より。「実験的研究で通用しているアプローチをそのまま単純に当てはめて因果的な解釈を施すことはできないように思われます.すべての親が「子どもに読み聞かせ」をすれば成績分散が小さくなるかというと,そんなことはないでしょう.」https://t.co/l6j7fq3toP
稲増さん@k_inamasuとの共著論文「マスメディアへの信頼の測定におけるワーディングの影響:大規模社会調査データとWeb調査実験を用いて」が社会心理学研究最新号に掲載されました. https://t.co/oRmdSWaqmO
大学生サンプルにおいて、ツイッターでの独り言的ツイートが、私的発話(メモと代替可能)から社会的発話(誰かに話すのと代替可能)に変わってきているようだよという研究。日本語。/ 大学生の独り言的ツイートは独り言なのか――発話傾向との関連から https://t.co/YKtsrFkLke

47 0 0 0 IR 公共心と愛国心

CiNii 論文 -  公共心と愛国心 https://t.co/8LdM6MHoFN #CiNii
『年報政治学2015-1 政治理論と実証研究の対話』に掲載の拙稿「観察可能なものと観察不可能なもの――規範・経験の区別の再検討」を、ウェブ上で読むことができるようになりました。https://t.co/ksBg0xBkuQ
こんな論文どうですか? 『はだしのゲン』の計量的分析 : 表現変容プロセスに見る〈感性〉と〈理念〉の揺らぎ(大瀧 友織ほか),2006 https://t.co/JdUnfDQJAf
三宅一郎「故 京極純一会員追悼の辞」(2017)https://t.co/qsap3aDlhR "京都大学四年生の時、猪木正道先生が、政治史の講義で、専門誌に掲載されたばかりの、京極先生の処女論文「現代日本における政治的行動様式」(1952)に触れ、「日本の政治学は、ここから始まります」と興奮気味におっしゃった"
日下田岳史「大学進学機会の地域格差に関する仮説生成型研究」https://t.co/qeD3I2mH0u 高校生の意識調査。北海道では家庭の経済環境を気にする比率が高く、関東では進学が当たり前と思っている比率が高い。
授業で読ませる論文を探していたらすごいのが引っかかった。 CiNii 論文 -  森友・加計問題はフェイクニュース : 国家戦略特区ワーキンググループの議事録で文科省内文書はあっさり崩れる (総力特集 どうする! 安倍政権) https://t.co/94ybQpUFdV #CiNii
“統計検定を理解せずに使っている人のために I - J-Stage” https://t.co/j3ekrjHX69

37 0 0 0 OA 社会意識の構造

「決められる政治」というとこれを思い出す。城戸浩太郎・杉政孝(1954)による日本ファシズム尺度。 https://t.co/rZv7PxYuj7 https://t.co/MEF88ktO3j
国の30年度予算に関する資料です。見とかなですよね。 国会図書館サイトから「調査と情報-ISSUE BRIEF-第995号(2018.1.30)・平成30年度予算案の概要」 https://t.co/CthKWyzmrY 財務省サイトから「平成30年度予算」 https://t.co/IF6xFHWMIu
国立国会図書館の公開資料です。勉強しなければ。 「主要国における政治資金の使途制限‐個人的支出の制限を中心に‐」 国⽴国会図書館 調査と情報‐ISSUE BRIEF‐ 第991号(2018.1.18) https://t.co/cqgpEeko6i
〈研究ノート〉ワークショップにおけるアイスブレイク分類の試み https://t.co/E0kWfiKLXP
#すごいと思った分析事例:上ノ原秀晃 2013 「2013年参議院選挙におけるソーシャルメディア ―候補者たちは何を『つぶやいた』のか―」 『選挙研究』 https://t.co/GZPPKbwsXb ※分析に入る前の準備・計画が特にすごいと思いました。→
CiNii 論文 - 「生活保護バッシング」のレトリック : 貧困報道にみる〈家族主義を纏った排除〉現象 https://t.co/lZUBX5qzDn
自分が昔書いたこの論文(https://t.co/uck6shrDny)も、清水さんの論文(https://t.co/EML5uAYJ5V)も、相澤先生の論文(https://t.co/VjLyB9PggF)も、中山さんの論文(https://t.co/5y4fnWq5Y9)も、みんな2種類の自己愛をどう測定するかを問題にしている。 https://t.co/cBv4fxexAS
自分が昔書いたこの論文(https://t.co/uck6shrDny)も、清水さんの論文(https://t.co/EML5uAYJ5V)も、相澤先生の論文(https://t.co/VjLyB9PggF)も、中山さんの論文(https://t.co/5y4fnWq5Y9)も、みんな2種類の自己愛をどう測定するかを問題にしている。 https://t.co/cBv4fxexAS
自分が昔書いたこの論文(https://t.co/uck6shrDny)も、清水さんの論文(https://t.co/EML5uAYJ5V)も、相澤先生の論文(https://t.co/VjLyB9PggF)も、中山さんの論文(https://t.co/5y4fnWq5Y9)も、みんな2種類の自己愛をどう測定するかを問題にしている。 https://t.co/cBv4fxexAS
自分が昔書いたこの論文(https://t.co/uck6shrDny)も、清水さんの論文(https://t.co/EML5uAYJ5V)も、相澤先生の論文(https://t.co/VjLyB9PggF)も、中山さんの論文(https://t.co/5y4fnWq5Y9)も、みんな2種類の自己愛をどう測定するかを問題にしている。 https://t.co/cBv4fxexAS
"地方自治体の政策形成と社会学者の役割" / “262号66巻2号 https://t.co/5FZQYYeSyL” https://t.co/XGSebXGz3I #社会学 #研究者 #政策 #地方自治
喫煙者の方が生涯医療費が低い、という論文はこちらです。 https://t.co/7QXnOR8TrU
「統計検定を理解せずに使っている人のためにIII」(池田郁男先生/東北大学大学院)https://t.co/2eewrfFSxh
“学習動機の多様性 : アクティブラーニング型授業における鍵要因 : HUSCAP” https://t.co/LFdNT59jbI #学習
傾向スコアによるオンライン調査データの補正。隔世の感がある。Propensity Score Adjustment for Internet Surveys of Voting Behavior: A Case in Japan https://t.co/Vj5QFmp1qN
こんな論文どうですか? 2005年総選挙後における政策決定過程の変容(上川 龍之進),2007 https://t.co/pLDdVlJsM8 本稿は,2005年総選挙以後の小泉政権において…
こんな論文どうですか? スカート丈およびブレザー丈の周期性について(富山 貴子ほか),2003 https://t.co/iCDtN73s4X
“KAKEN — Research Projects | 新構想大学の誘致をめぐる地方における政治・行政過程とその効果 (KAKENHI-PROJECT-16K04531)” https://t.co/094NXLL0iZ #KAKEN #高等教育 #政策形成過程
.@k_inamasu と2011年に選挙研究に書いたレビュー論文「ネット時代の政治コミュニケーション: メディア効果論の動向と展望」が公開されました。公刊から5年以上経ちましたがまだ「使える」レビューなのではないかと思います。https://t.co/fP59Z3n4pZ
拙稿「日本における総合行政の起源」が『法と政治』のリポジトリでダウンロード可能となりました。現在進行中の本の一部となる予定です。ご意見やご批判いただければ、幸いです。https://t.co/NgcfBji20u
「一般に、ある研究領域での成果の発展は、就職口の増加にある。」(三宅一郎「社会調査による政治学の消長」)https://t.co/vPmNAOIswT
私は昔、クロス表だけで投稿論文を書いたことがあり、これが学生の統計的論文の導入には大いに役立っています。 https://t.co/ROSnGucHzj https://t.co/QEKo2Gx7tY
公務員による公益通報の 保護の現状と「表現の自由」 https://t.co/bB8zGgY3Qc https://t.co/UESVChS4u4
"大学におけるレポートに関する学習経験は就職活動結果に対して有効なのか―X大学の社会科学分野の大学4年生に対する質問紙調査―" / “大学改革支援・学位授与機構学術機関リポジトリ” https://t.co/9X2CMG2MO0 #学修成果 #学習
先日の論文、リポジトリにpdfが上がってた/インターネット上におけるコリアンに対するレイシズムと対策の効果 : "Yahoo!ニュース"のコメントデータの計量テキスト分析立教大学学術リポジト https://t.co/lZ7ATk3xJ3
"敗戦前における内務省による教育行政に対する関与 -文部省による「教育権の独立論」の淵源-" / “WEKO - 早稲田大学リポジトリ” https://t.co/WXHtuEuBPE #行政 #官僚 #文部科学省 #歴史 #論文
こんな論文どうですか? 少女マンガの「戦う少女」にみるジェンダー規範--『リボンの騎士』から『美少女戦士セーラームーン』まで(中川 裕美),2011 https://t.co/MYtRy7AVvg
「人文社会科学系の研究分野に応じた研究機関の客観的な研究力・研究業績評価指標の策定」<https://t.co/mZa7tKmV5S>
“教育改革の時代における大学広報というコミュニケーション手段の設計と運用 ” / “札幌大学学術情報リポジトリ” https://t.co/gwaUW5x9ST #大学経営 #広報
"社会科学研究者のキャリア形成―先行調査・資料からの検討ー" / “東洋大学学術情報リポジトリ” https://t.co/M99XfD2ZxO #研究者 #論文 #キャリア
三浦・稲増・中村・福沢「地方選挙における有権者の政治行動に関連する近接性の効果:空間統計を活用した兵庫県赤穂市長選挙の事例研究」が「社会心理学研究」最新号に掲載されました.どなたでもお読みいただけます:https://t.co/PhQyzHrSDm
河野勝 [2016] 「政治学における実験研究」『早稻田政治經濟學雜誌』391: 7-16 https://t.co/sj7zoMQTjX リポジトリからDL可能.
大塚桂(2005)「政治学教育について : 政治学原論の位置付け」https://t.co/JHjIybOvqU 大塚先生の面白そうな論文、まだ読んでないものがたくさんある。
安 世舟(2006)/CiNii 論文 -  近代日本における政治学の変遷 : 政治学の制度化を中心として https://t.co/5oeKgeNs3H #CiNii

フォロー(313ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @tagamimp: そんなに業績があるのに「在野」なのはマルクスを専攻しているからだと言われたが、本当に「余計なお世話」という他ない。ちなみにこの問題については既に活字化してあるhttps://t.co/Cs58Wji5Ez
RT @asarin: 心理学評論で書いたこの論文でも同じことを書いています.「著者はこれまでただ単純に,そうした研究行為が面白くて仕方がない,という思いに駆られて研究を続けてきた。最終的な成果としてあらかじめ社会貢献を明確に思い描いて研究をスタートさせたことはない。」 htt…
心理学評論で書いたこの論文でも同じことを書いています.「著者はこれまでただ単純に,そうした研究行為が面白くて仕方がない,という思いに駆られて研究を続けてきた。最終的な成果としてあらかじめ社会貢献を明確に思い描いて研究をスタートさせたことはない。」 https://t.co/bztmLHJCj0
RT @tawaki79: 少し前のものだけどこのタイミングで読む意義が大きそう。この論文で用いている「根付きの空間」という概念が興味深いです。 中澤高志、2012、「自治体の緊急相談窓口利用者にみる間接雇用労働者の不安定性 ―2008年の金融危機に伴う雇用調整の帰結―」『人文…
@yukitsunamama @pentax @Y_Kawaura こないだ実験実習でターンら(2019)の公正感受性尺度日本語版(短縮版)を使ってデータ収集をしました.ここで議論してる文脈は被害者JSだと思いますが,こんな分布です. https://t.co/7WUwzvX1cN https://t.co/QNDRmkroCV
RT @tawaki79: 少し前のものだけどこのタイミングで読む意義が大きそう。この論文で用いている「根付きの空間」という概念が興味深いです。 中澤高志、2012、「自治体の緊急相談窓口利用者にみる間接雇用労働者の不安定性 ―2008年の金融危機に伴う雇用調整の帰結―」『人文…
"組織に対する忠誠心は勤続の長さでは規定されないことが発見"「専門職のキャリアパスと職業的自立性に対する社会的流動性の影響」 / “KAKEN — Research Projects | The Influence of Social Mobility to the professional career paths and Occupational Independency (KA…” https://t.co/jWD7UNosqR
“KAKEN — Research Projects | 大学職員の高度化に向けたアメリカ大学職員育成プログラムの実態と効果に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-18H00058)” https://t.co/HyVkieQwPG #KAKEN #大学職員 #高等教育論
RT @yokuyama: 荒瀬ダムの撤去の経緯についてはちょっと調べただけでも様々な記事が見つかります。例えばこれとか。 https://t.co/zzvW5lU05T
これは忖度ではなく、「国家情報法」という法律で、人民・企業は「国の安全を危うくするリスクの警戒・除去のため情報面での支援を行う(第二条)」義務があるから。 どれだけ良い人でも、党(中国では政府より上)に言われた事をしないと捕まる。 https://t.co/XEQgoq2bdL https://t.co/XNAzewG7L5
RT @hata_kpu: 善教将大・秦正樹(2017)「なぜ 「わからない」 が選択されるのか :サーベイ実験による情報提示がDKに与える影響の分析」が公開されたらしい。この論文,公共政策学会の論説賞もいただいたやつです。https://t.co/f71G9hBuJW
RT @hata_kpu: 善教将大・秦正樹(2017)「なぜ 「わからない」 が選択されるのか :サーベイ実験による情報提示がDKに与える影響の分析」が公開されたらしい。この論文,公共政策学会の論説賞もいただいたやつです。https://t.co/f71G9hBuJW
RT @hata_kpu: 善教将大・秦正樹(2017)「なぜ 「わからない」 が選択されるのか :サーベイ実験による情報提示がDKに与える影響の分析」が公開されたらしい。この論文,公共政策学会の論説賞もいただいたやつです。https://t.co/f71G9hBuJW
RT @bowwowolf: 木下宏一「岸信介の盟友にして小池百合子の師父たりし職業的国家主義者・中谷武世の初期思想形成について」を読んだ。翼賛選挙で衆議院議員になり、戦後は日本アラブ協会会長として中東諸国との民間外交に邁進した中谷の前半生がわかり、なかなか興味深いものである。…
安倍さんが保守? 保守主義って、政治家の思いつきで社会制度を簡単に変えることを戒める思想だよ。 私が明日朝練だからって家中の時計を2時間早めたら、お兄ちゃんも横暴だって怒るでしょ? https://t.co/z2q92eLqRq https://t.co/mObz8v4Ok9
“Text Mining of the Midterm Goals of National Universities for the Development of Their Individual Characteristics” https://t.co/5AKv5QWXYn #IR #国立大学法人
RT @simizu706: 『理論と方法』に掲載された論文がWebでも読めるようになりました。稲増さんとの共同研究です。 政治的態度の母集団分布の形状を統計モデリングによって推測するという論文です。一般化段階展開法という項目反応理論を用いつつ反応バイアスを除去するということを…
RT @simizu706: 『理論と方法』に掲載された論文がWebでも読めるようになりました。稲増さんとの共同研究です。 政治的態度の母集団分布の形状を統計モデリングによって推測するという論文です。一般化段階展開法という項目反応理論を用いつつ反応バイアスを除去するということを…
RT @simizu706: 『理論と方法』に掲載された論文がWebでも読めるようになりました。稲増さんとの共同研究です。 政治的態度の母集団分布の形状を統計モデリングによって推測するという論文です。一般化段階展開法という項目反応理論を用いつつ反応バイアスを除去するということを…
『理論と方法』に掲載された論文がWebでも読めるようになりました。稲増さんとの共同研究です。 政治的態度の母集団分布の形状を統計モデリングによって推測するという論文です。一般化段階展開法という項目反応理論を用いつつ反応バイアスを除去するということをやってます。 https://t.co/a9oia3M5Vq
お兄ちゃん、憲法9条の平和主義は単なる理想論とか「宗教」だと思ってる? ゲーム理論的に考えてみて。自発的な戦争放棄を宣言するのは安全保障のジレンマを回避するためだよ? https://t.co/j4thYOZXCG https://t.co/CnqT2pJy9b
RT @ceekz: 前に朝日新聞で取り上げられていた研究に関する論文が公開されました。僕もなにかに選出されたい!! https://t.co/bXuI5vqCkU / ソーシャルメディアを用いた新型コロナ禍における感情変化の分析 https://t.co/6NN7n6P0PC
RT @ceekz: 前に朝日新聞で取り上げられていた研究に関する論文が公開されました。僕もなにかに選出されたい!! https://t.co/bXuI5vqCkU / ソーシャルメディアを用いた新型コロナ禍における感情変化の分析 https://t.co/6NN7n6P0PC
えー、‘神代文字’信じるなんて小学生までだよね。うふふ♪弥生の日本語の母音は六か七、現代語の/e/はほぼ全てが母音融合によるものだし、ンが現代語の位置にくるのは平安時代以降だよ? https://t.co/4s4x6CSBK9 https://t.co/7GO1hBc0uZ
“図書の書架上の位置が利用者の注視時間に与える影響” https://t.co/uqaf0MWQEY #図書館情報学 #研究
RT @ohkubo_yusaku: (いわゆる”ベイズ=信念解釈”に異論があることを抜きにしても)ベイズファクターに様々な弱点があることはよく知られているので、下記の和文解説の方がフェアだと思う https://t.co/5dchyxRXuq
J-STAGE Articles - 石川実著 『嫉妬と羨望の社会学』 https://t.co/PGNIgTLWnH 東京女子大学文理学部教授・伊奈正人氏の書評がここから読めます。 >著者がなにより評価するのは、嫉妬・羨望は状況(境遇)と切り離せない、というベン=ゼエブの知見である。 10年ぐらい前の本ですが面白そう。

フォロワー(282ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

学部 3 年生における汎用的技能の個人差を規定する要因―キャリア意識, 自己調整学習方略の習得度, インターンシップ経験との関連― Link: https://t.co/LoFqAb2VHw
RT @tagamimp: そんなに業績があるのに「在野」なのはマルクスを専攻しているからだと言われたが、本当に「余計なお世話」という他ない。ちなみにこの問題については既に活字化してあるhttps://t.co/Cs58Wji5Ez
RT @asarin: 心理学評論で書いたこの論文でも同じことを書いています.「著者はこれまでただ単純に,そうした研究行為が面白くて仕方がない,という思いに駆られて研究を続けてきた。最終的な成果としてあらかじめ社会貢献を明確に思い描いて研究をスタートさせたことはない。」 htt…
"組織に対する忠誠心は勤続の長さでは規定されないことが発見"「専門職のキャリアパスと職業的自立性に対する社会的流動性の影響」 / “KAKEN — Research Projects | The Influence of Social Mobility to the professional career paths and Occupational Independency (KA…” https://t.co/jWD7UNosqR
“KAKEN — Research Projects | 大学職員の高度化に向けたアメリカ大学職員育成プログラムの実態と効果に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-18H00058)” https://t.co/HyVkieQwPG #KAKEN #大学職員 #高等教育論
RT @yokuyama: 荒瀬ダムの撤去の経緯についてはちょっと調べただけでも様々な記事が見つかります。例えばこれとか。 https://t.co/zzvW5lU05T
J-STAGE Articles - 大学教養体育におけるFDの動向 https://t.co/k34eHJA1es
看護学生の社会的スキルと不安の学年進行に伴う経年変化 Link: https://t.co/fyw5EqwT4z
RT @hata_kpu: 善教将大・秦正樹(2017)「なぜ 「わからない」 が選択されるのか :サーベイ実験による情報提示がDKに与える影響の分析」が公開されたらしい。この論文,公共政策学会の論説賞もいただいたやつです。https://t.co/f71G9hBuJW
RT @hata_kpu: 善教将大・秦正樹(2017)「なぜ 「わからない」 が選択されるのか :サーベイ実験による情報提示がDKに与える影響の分析」が公開されたらしい。この論文,公共政策学会の論説賞もいただいたやつです。https://t.co/f71G9hBuJW
RT @hata_kpu: 善教将大・秦正樹(2017)「なぜ 「わからない」 が選択されるのか :サーベイ実験による情報提示がDKに与える影響の分析」が公開されたらしい。この論文,公共政策学会の論説賞もいただいたやつです。https://t.co/f71G9hBuJW
RT @akinaln: interesting... CiNii 論文 -  女子のトラブルを「ドロドロしたもの」とみなす教師のジェンダー・バイアス -関係性への焦点化に着目して- https://t.co/OTtAcK58HB #CiNii
“Text Mining of the Midterm Goals of National Universities for the Development of Their Individual Characteristics” https://t.co/5AKv5QWXYn #IR #国立大学法人
RT @simizu706: 『理論と方法』に掲載された論文がWebでも読めるようになりました。稲増さんとの共同研究です。 政治的態度の母集団分布の形状を統計モデリングによって推測するという論文です。一般化段階展開法という項目反応理論を用いつつ反応バイアスを除去するということを…
RT @ceekz: 前に朝日新聞で取り上げられていた研究に関する論文が公開されました。僕もなにかに選出されたい!! https://t.co/bXuI5vqCkU / ソーシャルメディアを用いた新型コロナ禍における感情変化の分析 https://t.co/6NN7n6P0PC
“図書の書架上の位置が利用者の注視時間に与える影響” https://t.co/uqaf0MWQEY #図書館情報学 #研究
RT @ohkubo_yusaku: (いわゆる”ベイズ=信念解釈”に異論があることを抜きにしても)ベイズファクターに様々な弱点があることはよく知られているので、下記の和文解説の方がフェアだと思う https://t.co/5dchyxRXuq