takano (@mtknnktm)

投稿一覧(最新100件)

なんだこれ。。 → LINEのビジネスモデルに関する一考察 https://t.co/90lFzOOFTz
@NobuMifune 興味を持っていただきありがとうございます! はい、ぜひ議論させてください!! 高先生と一緒にやらせてもらっていて大まかには以下のような方向性で研究してます(現状ではだいぶ変わってますが) https://t.co/qNeAiy424L
RT @ceekz: 「女子高生が軽乗用車購入で炎上」は本当だったのか 背景に「ソーシャル・ポルノ」? https://t.co/zVEaBIbGAp ソーシャルポルノ仮説の提案とその観測に向けて https://t.co/iZXLLIXjpG
RT @kenmetrics: 関連して,去年の教心企画チュートリアルセミナー「いかに研究結果を有意にみせるか?」の記録を書いた年報が公開されていました。 https://t.co/2Sn6Y8NzDN
RT @Akira_Mat5: 人工知能学会誌に寄稿した。 グローバルアイ〔第48 回〕TA(Teaching Assistant) https://t.co/cRgiPuYszi
RT @oshio_at: 何年か前にこの論文で「自尊感情の低下が社会的弱者の排除や政治的保守化,周辺諸国との対立などに結びつくことを示唆する」と書いたのですがどんどん実現されつつある印象 J-STAGE Articles - 日本における自尊感情の時間横断的メタ分析 htt…
RT @dlit: 1件のコメント https://t.co/9iiVXho9EA “Twitterからの言及数が多い論文は言及されたことのない論文と比べてタイトルが「面白い」” https://t.co/MDuQrAfzus
RT @dlit: 1件のコメント https://t.co/9iiVXho9EA “Twitterからの言及数が多い論文は言及されたことのない論文と比べてタイトルが「面白い」” https://t.co/MDuQrAfzus
RT @mtknnktm: 今月の人工知能学会誌ではジェンダー研究者 柳原恵 氏にご執筆いただきました。 https://t.co/r9v1PUMflA
今月の人工知能学会誌ではジェンダー研究者 柳原恵 氏にご執筆いただきました。 https://t.co/r9v1PUMflA
RT @konamih: 日本リスク研究学会誌28(2): 67–76 (2019)「福島の甲状腺がんの過剰診断―なぜ発生し,なぜ拡大したか―」高野徹 科学に基づかない医療は誰も幸せにしない(結び) https://t.co/Tnvh2Wzx6Z
RT @tksakaki: 損保会社の現場ニーズに対して、災害の被害想定予測を色々なデータと統計的アプローチの組み合わせてデータを前処理した後、予測モデルを構築している。研究目的・アプローチの丁寧さ・成果物のクオリティが企業研究として素晴らしかった。 https://t.co/…
RT @kenichi_ohkubo: ちなみにこの研究はテーマが「いじめ」ですが、文科省の調査(教師が回答)と子どもに実際に尋ねた回答に違いがめっちゃあって面白いですよ。通常学級と特別支援学級の両方でやっているのも面白い。 https://t.co/XeVOaUsVQI #…
RT @shima_usa96: 「科学を伝える」に係わっている人は、読むべし。>日本地球惑星科学連合2019年大会/NHK総合テレビのエンターテインメント・教養番組「ブラタモリ」における実験の役割 https://t.co/0IskVYn5Zp
RT @hiroosa: 櫻井先生(@typhoongirl)の人工知能学会学会誌新連載漫画「教養知識としてのAI」、オンライン化されました。誰でも読めます https://t.co/TVghrxNsAQ https://t.co/XNfvlh4iCJ
(機械学習じゃなくて)人工知能の解説マンガ(人工知能学会の学会誌の連載)→ https://t.co/okyCw4pmkD
@MilleNeige ぱっと思いついたのは↓です(西田さんがご存知なものがあれば私も知りたいです) https://t.co/K4bGHlgJxE https://t.co/HN7OuCtnxh https://t.co/FNEas6JfGe
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 福田 昌史, 固定電話と携帯電話を対象とした電話調査の導入と推定値の評価, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 85-94, 公開日 2017/12/01, Online ISSN 1880-4705,…
RT @tanaka_jeonjung: NISTEPの報告書見ていたら、すごいものを見つけた。 博士を採用する予定のない企業ほど、博士に求めるスキルが「ビジネスマナー」。 https://t.co/2xeOpH3QmN https://t.co/k02UpwTdKP
RT @berutaki: こちらネット公開されていました。興味のある人はご笑覧ください。J-STAGE Articles - 社会学との関係から見た計算社会科学の現状と課題 https://t.co/A5E4mHiUAF
RT @kmizuno16: いつのまにか論文が公開されていました。J-STAGE Articles - 道徳教育による規範意識の涵養といじめ問題の関連: https://t.co/nogzSj2Euc
RT @hideman2009: 来週,石垣島で発表するダイキンとの共同研究の論文が公知になっている.ずっと一緒にいれるエージェントとは何かを論考して,それを考える舞台装置(ロボット)を創ったという話で,中身はまだこれからなのですが... 五感を用いた心に寄り添う“空気感エー…
日経の推薦に関する論文はこれな気がする。 https://t.co/6TkPIFaqPl #sansan_rd_event
RT @tsutatsuta: 「パンくん」の映像をチンパンジー研究者が分析した結果、顔や体が表しているのとは異なる感情がテロップによって「捏造」されていたり、パンくん自身もポジティブな感情(遊びや笑いなど)に比べてネガティブな感情(恐怖や不安など)の表出が多い傾向にあった、と…
RT @masatokage02: 新年早々ではありますが志村動物園のパンくんに関する論文です。見る人が見ればTV越しにもパンくんの負の感情が拾えるそうです。それを演出によって改変。自然や動物番組の闇と言うか課題は大きいです。 https://t.co/aRgLx5gcdp
J-STAGE Articles - そもそも「ポスドク問題」ってなんだろう?男女共同参画・若手支援シンポジウム報告 https://t.co/IfBzHxqhDn
おもしろそうなテーマだ → KAKEN — 研究課題をさがす | 計算社会科学による社会的排除の動的過程の解明 (KAKENHI-PROJECT-18H00918) https://t.co/jvGiTdGCc2
RT @lamikennel: 科研「計算社会科学による社会的排除の動的過程の解明」 https://t.co/oPMWPzNUqn 科研といえば、杉田水脈が文句言いそうだな。公費を使って社会的排除の研究をするのは生産性がないとかなんとか。
RT @jgda_pr: 【実験社会心理学研究・掲載論文】大野俊和・長谷川由希子(2000) 「いじめ」の被害者に対する外見的ステレオタイプ https://t.co/xAfJ1xIWk9
RT @ykamit: 子供による「ロボットいじめ行動」 https://t.co/MVWyoQxy67 https://t.co/b1BDx9E9Ze
RT @ceekz: 高野さん@サイバーエージェントによる解説論文。 / ソーシャルビッグデータで理解するヒトと社会の性質 https://t.co/czNkV7Osca
RT @jssp_pr: 【社会心理学研究・掲載論文】稲増・三浦(2018) 「マスメディアへの信頼の測定におけるワーディングの影響:大規模社会データとWeb調査実験を用いて」 https://t.co/wdioC40WkJ
RT @tatsushi_do_ob: 昨日の理研の高橋さんの話の『将来の機械知性に関するシナリオと分岐点』 https://t.co/epycUQWtTP でいう「生態系シナリオ」はこういうことを述べていたんだと理解している https://t.co/jFi09OyFiP
RT @terashimahiroki: #人工知能学会 2018年度全国大会優秀賞のお知らせをいただきました。部屋の甘利先生に気付いてドキドキでしたが……ありがたいことです。今後ともがんばります。 #jsai2018 https://t.co/OwCpiML6PC [2B1-…
RT @asarin: 稲増さん@k_inamasuとの共著論文「マスメディアへの信頼の測定におけるワーディングの影響:大規模社会調査データとWeb調査実験を用いて」が社会心理学研究最新号に掲載されました. https://t.co/oRmdSWaqmO
この論文、因果推論(一般化傾向スコア)を「どうやって使ったか?」について詳しく書いてあって、チュートリアルみたいになっててすごくいい → ソフトニュースへの接触は政治的関心を高めるか https://t.co/1eR4OYXVOF
RT @tmaehara: https://t.co/p4dcAIJX6S これを読むとよっぽどManagement Scienceに通ったのが嬉しかったんだな,とわかって微笑ましい.特に実施報告12の「米国の一流の研究者が生涯に一度は掲載を夢見る INFORMS Manage…
RT @tmaehara: 「AI 分野のディープラーニングにおける難題「次元の呪い」を克服する新技術を開発」https://t.co/KhrODiVwaD これ,投稿先がおかしい,投稿先の評価がおかしい,https://t.co/cHSAXfuSVR 等の文章がおかしい.ht…
RT @Macaca_masataka: 「霊長類の行動研究におけるロボットの利用可能性」という総説論文を執筆しました。これまで書いた3編の総説の中で、一番熱のこもった論文になりました。https://t.co/0Hrtq9W51j
やっぱ「研究してる人」がまわりに沢山いるのは大事だなぁ(最近、所属部署でも増えてきた) → 「短い勤務時間で優れた研究成果を数多く出すには」人工知能学会 AI書庫(アイショコ) https://t.co/XpgU3fHb6s
RT @MTBOOK: 協力の進化の社会シミュレーションについての解説論文が出ました。といっても自分の論文の宣伝をしてるだけですが。そして非会員なので自分でも読めないのですが。https://t.co/6FtSbzK7oz
RT @ceekz: OS-1招待講演。日立製作所の佐藤様によるご講演。 / ビジネス価値向上に向けた人間行動センシング https://t.co/6m25uFpzCB #jsai2018 (O会場)
RT @ceekz: サイバーエージェントの角田さんによるご発表。 / オンラインコミュニケーションにおける「いじめ経験の告白」 https://t.co/8Xc5nTnM3y #jsai2018 (O会場)
発表おわった "仮想社会における社会関係とソーシャルサポートに関する一考察" https://t.co/csfdbTblwG
おもしろかった。専門外の日本語レビューはほんとにありがたい… 最後の方の外集団間の直接/間接接触による差別の緩和がおもしろかった。 → 差別・偏見研究の変遷と新たな展開 https://t.co/cNobjFkriW
RT @uranus_2: 与党支持者は幸せ。Why Are Cabinet Supporters Happy? https://t.co/zeVzWhe8Fl
RT @uranus_2: 日本の学協会誌掲載論文のうち,ソーシャルメディアからの言及があるものは約1~2%。人文社会系の論文でソーシャルメディアからの言及が多い⇒日本の学協会誌掲載論文のオルトメトリクス付与状況 https://t.co/z0RWwwdnPi
RT @ceekz: 1年前に掲載された論文が論文賞候補としてノミネートされたみたい。面白い論文なので、この機会に読んでみてくださいな。 https://t.co/MB0Nmq3QUz / 日本の学協会誌掲載論文のオルトメトリクス付与状況 https://t.co/1MbPyf…

52 0 0 0 OA 若手の会だより

RT @TJO_datasci: 「バイバイ、アカデミア〜脱出ボタンを押す時〜」「本稿では不本意にも民間就活に切り替えた事例を3つ紹介いたします」って、不本意とか失礼なこと言うなら企業に来るなよと言いたい。民間企業は落ちこぼれ博士の最終処分場ではない https://t.co/…
RT @Shusaku_SASAKI: 共著論文が『行動経済学』に掲載されました。 ある企業に協力してもらい、社員に対して行動経済学に関するアンケート調査を行い、その個票データと彼らの残業時間データを紐づけて、長時間労働に関する実証分析を行いました。 「長時間労働者の特性と…
RT @ceekz: 機関リポジトリで公開されているので、誰でもお読みいただけますよ。学生さんによる産総研でのインターンの成果。教員による研究上の貢献はないので、教員は共著になってないです。 / N次創作動画におけるクリエータのコラボレーションに関する分析 https://t.…
RT @shima__shima: .@ai_gakkai の人工知能学会誌に KDD2017 と RecSys2017 の会議報告が掲載され,無料公開されました: https://t.co/KvL5wF5ET6
RT @takanobu_mizuta: 今月の人工知能学会誌で鳥海先生がとてもいいこと書いてる。「専門家が自らの専門分野について正しく社会に伝えることは,間違った言説を広めないためにも重要なことであるように思われる.」この記事は無料↓ https://t.co/SeBR46…
RT @ca_developers: 人工知能学会の学会誌に、秋葉原ラボ所属の高野のインタビュー「企業でもカジュアルに論文を書こう!」を掲載いただきました。ぜひご覧くださいませ! https://t.co/O4cmljv1SN
人工知能学会誌でインタビューしていただきました。 → 学生フォーラム 高野雅典インタビュー「企業でもカジュアルに論文を書こう!」 https://t.co/QoVEmUilFu
RT @uranus_2: 空間美智子(2016). 子どもを対象とした実験装置の変遷 行動分析学研究 31, 92-98. https://t.co/iVpMTWEb1G
RT @tkobyashi: 傾向スコアによるオンライン調査データの補正。隔世の感がある。Propensity Score Adjustment for Internet Surveys of Voting Behavior: A Case in Japan https://t…
なんて身も蓋もない…w → "初対面異性間における対人魅力と会話行動が親密化願望に及ぼす影響" 筑波大学心理学研究 https://t.co/rVCuOu5Sk6 https://t.co/ySSupOfevG
RT @Macaca_masataka: 日本語の総説論文を書きました→「霊長類における親密な関係の量的記述」 https://t.co/5meR1ew4Zi
RT @uranus_2: 櫻井保志(2016). 時系列ビッグデータの解析と予測 基礎心理学研究 35, 129-135. https://t.co/KUZUddT4Ju
RT @yearman: さっきリツイートで紹介した論文「性的メディア接触が大学生の性意識に与える影響に関する研究」 https://t.co/agShfIhH6a 本当に流し読みした程度なんだけどちょっと疑問が。微妙な話題なので先に立場を並べておくと僕もも性に関するメディアの…
RT @toritorix: 色々考えさせられるなあ. 男であることがすでに優遇されているということか. 「女性研究者のリアル」 https://t.co/dM96W8dTfK
RT @uranus_2: 田島司(in press). イヌ好きとネコ好きのパーソナリティの特徴 ――パーソナリティの多面性とペットのパーソナリティとの類似性について パーソナリティ研究 doi:10.2132/personality.26.2.5 https://t.co/…
RT @kaetn: 学術雑誌掲載のプレスリリース数は05-12年で12倍に|学術研究のメディア報道における定量的調査研究—プレスリリースと原論文、そして新聞報道の関連—https://t.co/3nMfdYadUo
ソーシャルサポート効果は男子生徒だと「母親>父親」、女子生徒だと「父親>母親」。先生と友達は部分的。→ 中学生におけるソーシャル・サポートの学校ストレス軽減効果 https://t.co/93uH7H18XU https://t.co/RX44Ch6237
RT @tweeting_drtaka: 美味しくなる方法を考えていて、変わった論文を見つけました。「料理支援システムがどうすれば美味しくなるかをアドバイス」する際に、そのアドバイスの受容を高める表現の検討。良いアドバイスは、ユーザーの特性に応じて決まると仮定し、実験。 htt…
RT @ceekz: ソーシャルメディアで言及されている日本の学術文献は1.0%~2.2%程度なんですが、1回でも引用されている日本の文献の割合ってどれくらいなんでしょうね。調べるの大変そう…。 / 日本の学協会誌掲載論文のオルトメトリクス付与状況 https://t.co/1…
RT @hideman2009: 今回の人工知能学会,池上研の土井さんの「社会性昆虫を通してみる個と集団」という演題がめっちゃおもろかった. https://t.co/LMFDZvPC4c まさに裸の男とリーダーシップの蜂版であった https://t.co/HYX6Ex0062
この発表、すごい淡々と猥褻なテキストの解説かされているw → ドメインにより意味が変化する単語に着目した猥褻な表現のフィルタリング https://t.co/QmUASQmkb9 #jsai2017
参加中。力学系でブレイクダンスのダンスバトルのダイナミクスの記述・分析(とりあえず対戦車同士の距離だけ)。 → 舞台表現における共演者との相互作用 #jsai2017 https://t.co/f4bnHSzeWz
RT @ceekz: 新作論文が出ました。日本の論文って、ソーシャルメディアでどれくらい言及されてるの?という疑問に応えています。 / 日本の学協会誌掲載論文のオルトメトリクス付与状況 https://t.co/jarP5T6eb1
今年のJSAI、対話システム多いなー。タスクもいろいろあっておもしろそう。これとか https://t.co/0BhGqrqUpz
これはシミュレーションだけど、これに近いことをデータでやれたらおもしろそう。 → 座席の位置を考慮した学級モデルによるいじめ対策 https://t.co/6AooVuNY2H #jsai31th
RT @ceekz: 学生さんに教えて貰った。AIからみる「計算社会科学」のリファレンスとして凄く貴重。 / 社会学とAI ─社会と人間を映すソーシャルメディア─ https://t.co/7YO2DTCvpt (学会員には電子版を無償で開放して欲しい…)
RT @sarasiru: 1993年の中学校情報基礎の教科書の著者がスタパ齋藤氏であるということを今知って超読みたくなる。 https://t.co/laSaKuFlyK パソコンでも絵が描ける!! なんでも計算!!表計算ソフト 表計算ソフトは無限に応用できる 最強に強まっ…
RT @KeikoUTorii: Glass ceiling in JPN academia. 日本のアカデミアの昇進への影響を業績•社会的要因•経験から分析。女性研究者が低評価されるバイアス【マチルダ効果】の存在を実証。https://t.co/RYKpOW3bTR
フォントを埋め込んで頂いたのでスマフォでも読めるようになりました! → ソーシャルビッグデータで理解するヒトと社会の性質 https://t.co/f6zW9OPyCN
RT @ca_developers: 技術本部 秋葉原ラボ 高野雅典の計算社会科学に関する解説論文が『電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review』に掲載されました。→ ソーシャルビッグデータで理解するヒトと社会の性質 https://t.c…
計算社会科学のレビューを「電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review」に寄稿しました!いくつかのトピックについて既存の理論・実験・観察研究をレビューし、ビッグデータアプローチを紹介しています。 https://t.co/f6zW9P7a1n
RT @printf_moriken: 今日知った面白い論文。 EverCopter: 落ちてしまったドローンの給電のために、如何にドローンの位置を認識するかの論文。世の中には画像の顔認識のライブラリに溢れていることから、機体の頭に人の顔の画像を貼り付けて認識させる。 ht…
RT @jssp_pr: 【社会心理学研究・掲載論文】杉浦ら(2014) 集団と個人の地位が社会的支配志向性に及ぼす影響 https://t.co/du9swk3mbi

4 0 0 0 OA AI 若手の会

RT @ceekz: 卒業・修了したあとも JSAI に聴講に来るようなサイクルを作りたいと思って、活動を始めました。 / AI若手の会 https://t.co/RJ5DJwVYGK https://t.co/y0Sb2Ir9fY (今号には他の若手の会の紹介記事が多数ありま…
RT @ceekz: ギフトオーサーシップ(関与の薄い研究者を共著者に加える)などに関する記事。 / オーサーシップの考えを変える時だ http://t.co/HGfQZRAOu3
RT @tmaehara: スリザーリンクというペンシルパズルに対して新しい解法を提案した論文 https://t.co/W4VdIJsVGO,計算時間を 「既存手法 vs 提案手法 vs 著者(手で解く)」 で比較してて笑った.
RT @ablativehen: CiNii 論文 -  ウサイン・ボルトの" I "は、なぜ「オレ」と訳されるのか : スポーツ放送の「役割語」 https://t.co/X98NGPDABP #CiNii
RT @ceekz: 学生さんとの共著論文が公開されました。相互フォローを使わずとも、フォローされているという情報のみで十分では?という示唆をしています。 / 日本における居住地推定に利用するためのフォロー関係の調査 https://t.co/3fgwz8OD8L
RT @a2c_iwasaki: 皆さん,人工知能研究の主要な国際会議はAAAI, IJCAI, AAMAS, KDD, ICML, NIPSです.https://t.co/lQp8bqyF5p
RT @a2c_iwasaki: この記事面白いんやけど,元の資料のDOI (https://t.co/lQp8bqyF5p) を表記して欲しい.探すの一手間やった.RT AI研究 米中2強 日本勢、出遅れ目立つ :日本経済新聞 https://t.co/v1Hbb4ELp8
RT @uranus_2: 女性は他に女の人がいると、男性との交流で身体的魅力をアピールしなくなる⇒笠置遊(2014). 同性の観察者の存在が異性に対する自己呈示行動に及ぼす影響 立正大学心理学研究年報 5, 63-69. https://t.co/1H8BQSAM7Y
"検証可能性というものについて,ヒトの進化過程に関する仮説の例を引いて考察した" → "科学における検証可能性について 木村 賛" 石川県立看護大学学術リポジトリ https://t.co/NHBqyOuPoM
"チンパンジーの言語習得" https://t.co/VMvqQVEPUN
RT @siero5335: 論文公開されました: The effects of early postnatal exposure to a low dose of BDE-209 on serum metabolites in male mice: https://t.co/…
@hideman2009 すいません、31日は既に予定が… 人狼知能の方には私もお世話になってたりしますw https://t.co/9fqHjQjV6U
進化ゲーム理論は数理社会学に応用可能か? https://t.co/nqCetvRZ8T
RT @hoxo_m: 傾向スコアの推定に GBDT と CNN を使ってみたという話。 / “[PDF]内橋堅志+(2016) ヘテロなデータに対する統計的学習を用いた傾向スコア推定” https://t.co/382EiVsT1F
RT @uranus_2: イヌはヒトの行動の表面だけを見ているのでなく、行動の背後に潜むものも推測している⇒藤田和生(in press). イヌはヒトの行動に何を見ているのか? 動物心理学研究 doi:10.2502/janip.66.1.5.  https://t.co/c…
去年のJSAIでの発表が今年のJSAIで引用されてた → インターネット広告のロバストなCVR推定モデル 河本 哲(株式会社アイモバイル 技術本部) JSAI 2016 https://t.co/JMdgaKx5VA
参考文献が全部 "?" に… → https://t.co/KFiSzy2pwO

お気に入り一覧(最新100件)

ちなみにこの研究はテーマが「いじめ」ですが、文科省の調査(教師が回答)と子どもに実際に尋ねた回答に違いがめっちゃあって面白いですよ。通常学級と特別支援学級の両方でやっているのも面白い。 https://t.co/XeVOaUsVQI #CiNii
情報処理学会の学会誌でも解説が。 / 粗悪学術誌/国際会議について -傍らの濁流- https://t.co/NfLrpPwFLR
【実験社会心理学研究・掲載論文】大野俊和・長谷川由希子(2000) 「いじめ」の被害者に対する外見的ステレオタイプ https://t.co/xAfJ1xIWk9
稲増さん@k_inamasuとの共著論文「マスメディアへの信頼の測定におけるワーディングの影響:大規模社会調査データとWeb調査実験を用いて」が社会心理学研究最新号に掲載されました. https://t.co/oRmdSWaqmO
大学生サンプルにおいて、ツイッターでの独り言的ツイートが、私的発話(メモと代替可能)から社会的発話(誰かに話すのと代替可能)に変わってきているようだよという研究。日本語。/ 大学生の独り言的ツイートは独り言なのか――発話傾向との関… https://t.co/JkHgdNrWO9
https://t.co/p4dcAIJX6S これを読むとよっぽどManagement Scienceに通ったのが嬉しかったんだな,とわかって微笑ましい.特に実施報告12の「米国の一流の研究者が生涯に一度は掲載を夢見る INFO… https://t.co/Vklmelzzwj
「霊長類の行動研究におけるロボットの利用可能性」という総説論文を執筆しました。これまで書いた3編の総説の中で、一番熱のこもった論文になりました。https://t.co/0Hrtq9W51j
ソーシャルポルノ="特定のコミュニティに属するユーザが、脊髄反射的に拡散・共有してしまいたくなる情報"という便利概念を知った https://t.co/2YDOHDqZxA

52 0 0 0 OA 若手の会だより

「バイバイ、アカデミア〜脱出ボタンを押す時〜」「本稿では不本意にも民間就活に切り替えた事例を3つ紹介いたします」って、不本意とか失礼なこと言うなら企業に来るなよと言いたい。民間企業は落ちこぼれ博士の最終処分場ではない https://t.co/umyTTKJomz
傾向スコアによるオンライン調査データの補正。隔世の感がある。Propensity Score Adjustment for Internet Surveys of Voting Behavior: A Case in Japan https://t.co/Vj5QFmp1qN
日本語の総説論文を書きました→「霊長類における親密な関係の量的記述」 https://t.co/5meR1ew4Zi
櫻井保志(2016). 時系列ビッグデータの解析と予測 基礎心理学研究 35, 129-135. https://t.co/KUZUddT4Ju
さっきリツイートで紹介した論文「性的メディア接触が大学生の性意識に与える影響に関する研究」 https://t.co/agShfIhH6a 本当に流し読みした程度なんだけどちょっと疑問が。微妙な話題なので先に立場を並べておくと僕もも性に関するメディアの影響は心配には思っている
田島司(in press). イヌ好きとネコ好きのパーソナリティの特徴 ――パーソナリティの多面性とペットのパーソナリティとの類似性について パーソナリティ研究 doi:10.2132/personality.26.2.5 https://t.co/8TRznc70YZ
今回の人工知能学会,池上研の土井さんの「社会性昆虫を通してみる個と集団」という演題がめっちゃおもろかった. https://t.co/LMFDZvPC4c まさに裸の男とリーダーシップの蜂版であった https://t.co/HYX6Ex0062
Glass ceiling in JPN academia. 日本のアカデミアの昇進への影響を業績•社会的要因•経験から分析。女性研究者が低評価されるバイアス【マチルダ効果】の存在を実証。https://t.co/RYKpOW3bTR
#数楽 メモ https://t.co/fbwCMHxCHQ 渡辺澄夫、構造の観測における物理学と数学 そこに書いてある例と解釈がありがたい。
傾向スコアの推定に GBDT と CNN を使ってみたという話。 / “[PDF]内橋堅志+(2016) ヘテロなデータに対する統計的学習を用いた傾向スコア推定” https://t.co/382EiVsT1F
経済心理学と行動経済学のネーミングにこだわるあたり依田さんらしさが出ていますし、勉強になっていい書評だと思います。『経済心理学 行動経済学の心理的基礎』竹村和久著 https://t.co/BmRIODM8bo
「教育心理学研究」は発行されたらすぐにオンライン公開になったのか。 波田野 結花, 吉田 弘道, 岡田 謙介 (2015). 『教育心理学研究』におけるp値と効果量による解釈の違い https://t.co/VR9LrEE6aE
「頻度論者frequetist」vs「正統派Bayesian」vs「真正Bayesian」vs「にわかBayesian」 講義のーと第7回 http://t.co/iFPgRJZ5aU 元 http://t.co/j0TeP7ab2g http://t.co/GIX7cap1pe

フォロー(1032ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @oshio_at: 興味深かった。「ねむみーランド」 ツイッターに用いられる「-み」の用法 https://t.co/f4Ee9Vh58c
興味深かった。「ねむみーランド」 ツイッターに用いられる「-み」の用法 https://t.co/f4Ee9Vh58c
RT @asarin: いわゆる北海道論文ってこれのことですよね? J-STAGE Articles - 「北の大地」における相互独立的自己:北海道での認知的不協和実験 https://t.co/lMPKKDbb1c
RT @asarin: いわゆる北海道論文ってこれのことですよね? J-STAGE Articles - 「北の大地」における相互独立的自己:北海道での認知的不協和実験 https://t.co/lMPKKDbb1c
RT @asarin: いわゆる北海道論文ってこれのことですよね? J-STAGE Articles - 「北の大地」における相互独立的自己:北海道での認知的不協和実験 https://t.co/lMPKKDbb1c
いわゆる北海道論文ってこれのことですよね? J-STAGE Articles - 「北の大地」における相互独立的自己:北海道での認知的不協和実験 https://t.co/lMPKKDbb1c
RT @jssp_pr: 「社会心理学研究」掲載の以下の論文がJ-Stageで早期公開されました. 松島・林・荒川(2019) 「キリスト教信者におけるキリスト教的宗教意識と主観的幸福感との関連:ローマ・カトリック教会とホーリネス系A教団を対象にして」 https://t.c…
RT @jssp_pr: 「社会心理学研究」掲載の以下の論文がJ-Stageで早期公開されました. 林(2019) 「観光写真調査法による観光地の魅力評価」 https://t.co/IguXS3x8Z4
「社会心理学研究」掲載の以下の論文がJ-Stageで早期公開されました. 松島・林・荒川(2019) 「キリスト教信者におけるキリスト教的宗教意識と主観的幸福感との関連:ローマ・カトリック教会とホーリネス系A教団を対象にして」 https://t.co/DvVVslCmXO
「社会心理学研究」掲載の以下の論文がJ-Stageで早期公開されました. 林(2019) 「観光写真調査法による観光地の魅力評価」 https://t.co/IguXS3x8Z4
RT @yokogawa12: J-STAGE Articles - 近代日本における植物図鑑の発達とその背景 https://t.co/HCHqLGpKjk 植物誌や図鑑の歴史って案外研究されてない?マニアックな情報を知ってる人はそれなりにいるんやけどしっかりまとめた人は少…
RT @OohimeSoukyok: 浜野研三という名前、どこかで見たと思ったら、「『人間である』という概念の意義:種差別批判に抗して」なる珍論文(https://t.co/MYjWRPeI6I)を書いた御仁だった。もはや戦意喪失。 それにしても、ポツポツ動物倫理の基本文献が増…
@Te52W74 なので、インダストリー4.0の中身は https://t.co/7nedceWcnb に記載の通り、下記2つ。 PCAST 2004 https://t.co/B1SaMK28xO PCAST 2007… https://t.co/DMutstudkT

37 1 1 0 重力波

RT @ibaibabaibai: 平川浩正 重力波 日本物理学会誌 1973 https://t.co/jx6XfYBtam
RT @hideman2009: 被験者さんの夏目漱石や人工知能に関する事前知識と漱石アンドロイドのリアリティに関する印象の間の相関を調べた地味な研究が和文誌に掲載された!史上初の漱石アンドロイド論文!^^ 文豪アンドロイドに感じるリアリティと事前知識・信念の関係性の検討 h…
RT @nakaharajun: リーダーシップ開発の効果を測定する尺度としてご自由にご利用いただけますと幸いです。>大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・中原 淳)https:…
3人の賢者の問題 ―― 愚者は賢者をシミュレートできるか? https://t.co/Tm3o7nJdWp
RT @urano_shinjcp: 「ダムすげー!八ツ場ダムのおかげ」と言う前に「調節池すげー!」と言うべきではないのか? 柏市と守谷市の3つの調節池で八ツ場ダムの総容量に匹敵する洪水調節力がある。同容量なら上流のダムより、下流の調節池の方が、下流域の水位への影響はずっと大き…
書評 桜井洋著『社会秩序の起源 : 「なる」ことの論理』 https://t.co/pU0pmfsyUq
公募特集「社会階層・不平等と家族」によせて (公募特集 社会階層・不平等と家族) https://t.co/XA8iqvw7Om
書評 永井彰著『ハーバーマスの社会理論体系』 https://t.co/WBL0o6N4Nl
書評 石田光規編『郊外社会の分断と再編 : つくられたまち・多摩ニュータウンのその後』 https://t.co/5EUMHhKdCg
分野別研究動向(エスノメソドロジー) : エスノメソドロジー・会話分析研究の広がり https://t.co/KT5JqmonLB
離婚の世代間連鎖とそのメカニズム : 格差の再生産の視点から (公募特集 社会階層・不平等と家族) https://t.co/UVJAT4Z1Yw
夫婦の離婚からみる学歴結合の帰結 : NFRJ-S01・SSM2015を用いたイベントヒストリー分析 (公募特集 社会階層・不平等と家族) https://t.co/qZjdzHwfmw
書評 小倉充夫・舩田クラーセンさやか著『解放と暴力 : 植民地支配とアフリカの現在』 https://t.co/sFvB3tmYfW
書評 小杉亮子著『東大闘争の語り : 社会運動の予示と戦略』 https://t.co/KuaAxuoaRP
書評 関礼子・高木恒一編『多層性とダイナミズム : 沖縄・石垣島の社会学』 https://t.co/z0I42eWpHV
書評 古賀正義・石川良子編『ひきこもりと家族の社会学』 https://t.co/omQk1cVp9o
RT @satoshi_0630: 大学生のリーダーシップ行動に関する尺度がついにリリース!!著者のみなさま、採録おめでとうございます! 大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・…
【社会心理学研究・掲載論文】横井・中谷内(2018) 「治療方針の共有が人工知能への信頼に及ぼす影響」 https://t.co/zxBRi5fzcC
RT @animemitarou: 卒論やレポートに取り組んでいる学生の皆さん。「背景」の先行研究のまとめの部分、苦労してませんか? 「先行研究探せったって、調べても無いもの!!」という方、以下の「資料のえじき」という文章を読んで、探してみてください。きっといい先行研究、見つ…
RT @hideman2009: 被験者さんの夏目漱石や人工知能に関する事前知識と漱石アンドロイドのリアリティに関する印象の間の相関を調べた地味な研究が和文誌に掲載された!史上初の漱石アンドロイド論文!^^ 文豪アンドロイドに感じるリアリティと事前知識・信念の関係性の検討 h…

フォロワー(1542ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @asarin: いわゆる北海道論文ってこれのことですよね? J-STAGE Articles - 「北の大地」における相互独立的自己:北海道での認知的不協和実験 https://t.co/lMPKKDbb1c
RT @jssp_pr: 「社会心理学研究」掲載の以下の論文がJ-Stageで早期公開されました. 林(2019) 「観光写真調査法による観光地の魅力評価」 https://t.co/IguXS3x8Z4
RT @handful_of_help: J-STAGE Articles - 流動水中の鉄腐食に及ぼす超電導マグネット磁気処理の影響 https://t.co/6pKR8NqZie 調べてる最中にこんな記事を見つけました。超伝導マグネット(プローブを引っこ抜いたNMR)で草が…
@Te52W74 なので、インダストリー4.0の中身は https://t.co/7nedceWcnb に記載の通り、下記2つ。 PCAST 2004 https://t.co/B1SaMK28xO PCAST 2007… https://t.co/DMutstudkT
RT @shinimai: これ面白そう。 / “CiNii 論文 -  名前と存在 : ボルネオ島・プナンにおける人、神霊、動物の連続性(<特集>自然と社会の民族誌-動物と人間の連続性)” http://t.co/08fseSzYJD
RT @hideman2009: 被験者さんの夏目漱石や人工知能に関する事前知識と漱石アンドロイドのリアリティに関する印象の間の相関を調べた地味な研究が和文誌に掲載された!史上初の漱石アンドロイド論文!^^ 文豪アンドロイドに感じるリアリティと事前知識・信念の関係性の検討 h…
RT @nakaharajun: リーダーシップ開発の効果を測定する尺度としてご自由にご利用いただけますと幸いです。>大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・中原 淳)https:…
RT @nakaharajun: リーダーシップ開発の効果を測定する尺度としてご自由にご利用いただけますと幸いです。>大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・中原 淳)https:…
RT @oxyfunk: そこで「メディア史とメディアの歴史社会学」ですよ。https://t.co/mKBYhzB1Fv
3人の賢者の問題 ―― 愚者は賢者をシミュレートできるか? https://t.co/Tm3o7nJdWp
RT @satoshi_0630: 大学生のリーダーシップ行動に関する尺度がついにリリース!!著者のみなさま、採録おめでとうございます! 大学の経験学習型リーダーシップ教育における学生のリーダーシップ行動尺度の開発と信頼性および妥当性の検討(木村 充・舘野 泰一・松井 彩子・…
RT @animemitarou: 卒論やレポートに取り組んでいる学生の皆さん。「背景」の先行研究のまとめの部分、苦労してませんか? 「先行研究探せったって、調べても無いもの!!」という方、以下の「資料のえじき」という文章を読んで、探してみてください。きっといい先行研究、見つ…
RT @hideman2009: 被験者さんの夏目漱石や人工知能に関する事前知識と漱石アンドロイドのリアリティに関する印象の間の相関を調べた地味な研究が和文誌に掲載された!史上初の漱石アンドロイド論文!^^ 文豪アンドロイドに感じるリアリティと事前知識・信念の関係性の検討 h…