M.A.F.@博物ふぇすAフロア出口右 (@M_A_F_)

投稿一覧(最新100件)

RT @manboumuseum: 【発表】昨日出たウシマンボウの論文です! ・近年のマンボウ属の分類の流れを総括 ・インド洋で初めて遺伝的にウシマンボウを確認 ・先行研究者が「別種」として論文に出した2個体は「同種」だった ・ウシマンボウとマンボウの小型は識別が困難 http…
RT @windowmoon: 鮎の場合、琵琶湖産を放流すると、交雑するが交雑個体は海で死んで、多くの卵が無駄になる https://t.co/LJO3qcXrdS という話がある。後に残らないので遺伝子汚染は起きない(正確には、一時的に起きて、消えている)わけですが、不妊虫放…
ランザニア・オガイイ(埼玉県立も行かないとなあhttps://t.co/VwHWPXG7S5)数えて寝る。おやすみ
CiNii 論文 -  埼玉県産出のマンボウ科魚類クサビフグ属の一新種 https://t.co/VwHWPXG7S5 #CiNii あった!これが埼玉県博の新展示でもちらっと出てるはず!
RT @tapa46: バカガイの稚貝が斧足を振って魚みたいに泳ぐなんて初めて見たぞ‥ もはや二枚貝じゃないだろ‥ https://t.co/0jkMXMGUrj https://t.co/LOWzIY3GSb
CiNii 論文 -  穿孔性コツブムシ居住装置「こつぶ荘」手法紹介と多摩川産Sphaeroma sp.の分類学的再検討 https://t.co/qTraEMyrAi #CiNii ポップだ…
RT @manpokenautilus: トリカジカエラモグリ Elthusa moritakii 自分の名前が学名に。光栄すぎてリアクションに困る。https://t.co/oH6j7SsItW https://t.co/8u3ERDFL1E
RT @as_capabl: 「ミジンコは危険を感じると頭を尖らせるが、特に意味はない上に尖らせるのに一日かかる」ってツイットがあったけど、追跡調査の結果ミジンコ達のがんばりは無駄で無かった事が判明して救われた気分になりました https://t.co/KtSS5lT886
培養シアノバクテリアマットの凸型構造と化石ストロマトライト形態との類似性(8.炭酸塩岩の起源と地球環境,口頭およびポスター発表,一般講演) https://t.co/IcoJbIHo2R 最大で数cmか…石灰化の過程が進むようになればもっと育つかな?
KAKEN — 翼形態型腕足類の殻形態に見られる機能的最適性:受動的採餌流の形成能力とその進化 https://t.co/wiT2s8GeUW うおー知りたかったことが書いてあるー
CiNii 論文 -  栃木県葛生町山菅からペルム紀三葉虫Pseudophillipsiaの産出 https://t.co/E4xipXryux #CiNii
RT @oikawamaru: これ結構まずいような気がするのだよな・・ https://t.co/jCnZn2Z5Yt かかわってる研究者の方、指摘してくれんかな。わいの立場ではいかんとも・・
CiNii 論文 -  皇居におけるタヌキの食性とその季節変動 https://t.co/j98YcxdDIe そうか、かなり何でも食べるタヌキを通じて皇居の環境の豊かさが分かるんだな
タキカワカイギュウことヒドロダマリス・スピッサ(クエスタのシノニムかもしれんhttps://t.co/A4QkHSmdkZ)数えて寝る。おやすみ https://t.co/UACGwApqBI
カズサジカことケルヴス・カズセンシス(関係ないけどシフゾウってケルヴス属じゃなかったって今知ったhttps://t.co/Zcg8KIBg8i)数えて寝る。おやすみ
RT @HirofumiSeo: 「ウルトラセブンの訪問により解熱をした腎移植の1例」 日本小児腎不全学会雑誌 : 小児腎不全研究会記事 29, 156-158, 2009-08-31 https://t.co/CP537tcwEZ 猛烈に気になる… https://t.co…
RT @tapa46: フジツボのセメントタンパク質による接着メカニズムはかなり複雑。 https://t.co/QXUrzGMFcM https://t.co/37Og3OnYNV
RT @sakumad2003: #氷河時代展 解説書を校正中。今回の特別展では植生区分としては村田2005 にしたがい、寒温帯を採用。耳慣れない人も多いかもしれないけど、詳しくはこちらを採用。https://t.co/nZ248MX4qn
@yamamotoyama555 @GET_AWAY_TRIKE 前に読んだ和文の論文ですけどフタバの時代は浅い海だったようです。https://t.co/7QfLxrCeEq
アオモリムカシクジラウオことミオバルボウリシア・アオモリ(よく化石に残ったなhttp://t.co/5KHsQqBMjC http://t.co/Uim54z4RZ3)数えて寝る。おやすみ
アルテルス・シゲンシス(現生属http://t.co/2bylvaIRrc 記載論文PDF http://t.co/QgEUMODpDQ なお記載者はhttp://t.co/PywCHCYbov)数えて寝る。おやすみ
RT @kumikokatase: @merec0 これですね。 http://t.co/QXB6e9tEbT 「盗葉緑体」は、私も初めて知りました。ウミウシ、すごい!葉緑体は時々藻類を食べることで補充しているという説もある様です。 http://t.co/ZoUKYeVgAK

お気に入り一覧(最新100件)

@mmlRHRdnzzzDetn @yellow_par その「所詮ネコ」はオーストラリアだけでも100種以上の鳥類、50以上の哺乳類、50種の爬虫類とその他生物を絶滅させていますね。もちろん日本でも同様のことは起きています。… https://t.co/dryWWGsDDW
【発表】昨日出たウシマンボウの論文です! ・近年のマンボウ属の分類の流れを総括 ・インド洋で初めて遺伝的にウシマンボウを確認 ・先行研究者が「別種」として論文に出した2個体は「同種」だった ・ウシマンボウとマンボウの小型は識別が困難 https://t.co/CLK6r0N2Xg
鮎の場合、琵琶湖産を放流すると、交雑するが交雑個体は海で死んで、多くの卵が無駄になる https://t.co/LJO3qcXrdS という話がある。後に残らないので遺伝子汚染は起きない(正確には、一時的に起きて、消えている)わけですが、不妊虫放飼法のように働く可能性がある。
造形作家・川崎ピースケさんによる多摩川河口干潟コツブムシの論文がPDFになってた。『穿孔性コツブムシ居住装置「こつぶ荘」手法紹介と多摩川産Sphaeroma sp.の分類学的再検討』 https://t.co/oooDieyFIP
論文が出ました.瀬戸臨海実験所の研究船ヤンチナで3年間調査を行い,白浜周辺の底生生物相の一部を解明しました.多くの白浜新記録種や,少なくとも6種の未記載種(発表前の新種)が記録されました.オープンアクセスです.   https://t.co/jrnVioxllT
トリカジカエラモグリ Elthusa moritakii 自分の名前が学名に。光栄すぎてリアクションに困る。https://t.co/oH6j7SsItW https://t.co/8u3ERDFL1E
「ミジンコは危険を感じると頭を尖らせるが、特に意味はない上に尖らせるのに一日かかる」ってツイットがあったけど、追跡調査の結果ミジンコ達のがんばりは無駄で無かった事が判明して救われた気分になりました https://t.co/KtSS5lT886
これ結構まずいような気がするのだよな・・ https://t.co/jCnZn2Z5Yt かかわってる研究者の方、指摘してくれんかな。わいの立場ではいかんとも・・
CiNii 論文 -  皇居におけるタヌキの食性とその季節変動 https://t.co/eRZmG9k72Q #CiNii
「ウルトラセブンの訪問により解熱をした腎移植の1例」 日本小児腎不全学会雑誌 : 小児腎不全研究会記事 29, 156-158, 2009-08-31 https://t.co/CP537tcwEZ 猛烈に気になる… https://t.co/CKlWYhAvXu
フジツボのセメントタンパク質による接着メカニズムはかなり複雑。 https://t.co/QXUrzGMFcM https://t.co/37Og3OnYNV
バカガイの稚貝が斧足を振って魚みたいに泳ぐなんて初めて見たぞ‥ もはや二枚貝じゃないだろ‥ https://t.co/0jkMXMGUrj https://t.co/LOWzIY3GSb
#氷河時代展 解説書を校正中。今回の特別展では植生区分としては村田2005 にしたがい、寒温帯を採用。耳慣れない人も多いかもしれないけど、詳しくはこちらを採用。https://t.co/nZ248MX4qn
(大変ありがたいことに、科博のアパトサウルスのモノグラフはフリーになっている。https://t.co/jEi4VnnysQさらっとやらかした前科についても書かれてるので、科博の常設展を見る前に頑張ってざっくり目を通しておくと吉)
イグノーベル賞受賞論文「バナナの皮の摩擦係数」 https://t.co/a5E5PxRiFU 摩擦係数の計測、滑って転ぶメカニズム、そしてその潤滑に寄与している微細構造まで。摩擦と潤滑をテーマとするトライボロジーという分野の奥の深さを体現するみたいな論文。すごくおもしろい。
@M_A_F_ ありましたわ、こっちです>https://t.co/nxNIwz0lea
@M_A_F_ ここの調査の時にベースにした論文がこちらです。>http://t.co/2CljeOquhu
@merec0 これですね。 http://t.co/QXB6e9tEbT 「盗葉緑体」は、私も初めて知りました。ウミウシ、すごい!葉緑体は時々藻類を食べることで補充しているという説もある様です。 http://t.co/ZoUKYeVgAK
国会図書館がTPPの資料をまとめた様子。ここの資料は背景な経緯などがいつもうまくまとめられててさすがと言う感じ 環太平洋経済連携協定(TPP)の概要 http://t.co/IeZoYTu6 こちらは社会保障関係 http://t.co/VDTpHTPb
国会図書館がTPPの資料をまとめた様子。ここの資料は背景な経緯などがいつもうまくまとめられててさすがと言う感じ 環太平洋経済連携協定(TPP)の概要 http://t.co/IeZoYTu6 こちらは社会保障関係 http://t.co/VDTpHTPb
>RT 刀身と柄が目釘竹1本で留まっているという話も初めて知った。リンク先は英文だけどそこにあるFull Text PDFは和文なので読めるます。 日本刀の衝撃工学的考察 http://t.co/nKS1vMiV
話の内容はこの辺を一般向けに分かりやすく噛み砕いたもの→「"Pleurokinesis"を使わなかったハドロサウルス類」 http://t.co/B2VrBrv2 研究速報「有限要素解析による鳥脚類恐竜の食餌機能評価」http://t.co/AtklOetr

フォロー(660ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

余談だがアオムシサムライコマユバチの仲間は幼虫に寄生する際、宿主の免疫系を抑制させるウイルスを使う。しかもこのウイルスは蜂のゲノムに組み込まれており蜂体内でのみ増殖するという特殊化を遂げている。 『寄生バチとポリドナウイルスの関係』 https://t.co/otDKhKX5YL
参考 ホストの特性を活かす アオムシコマユバチによる異なる性質の寄主に対する行動操作様式の比較 https://t.co/hZPO8r8exS 寄生蜂アオムシコマユバチによる侵入寄生への適応に対する進化生態学的研究 https://t.co/ZiviVsWYRj
参考 ホストの特性を活かす アオムシコマユバチによる異なる性質の寄主に対する行動操作様式の比較 https://t.co/hZPO8r8exS 寄生蜂アオムシコマユバチによる侵入寄生への適応に対する進化生態学的研究 https://t.co/ZiviVsWYRj
RT @BiTsukuBiol: ヨーロッパカブトエビは、ユーラシア大陸の高緯度地域から山形県酒田市に移入したものが自然、または人為的に分布を拡大したようです。各種の分布はこちらを参考にしてください。https://t.co/9qzCrLjehV
「いなかたち」に関してはこんな論文を書いてる人がいるわ。私が意味を思い出せればいいんだけど、さっぱり思い出せないのだわ・・・>https://t.co/KL7sCGpGJO

311 86 64 0 OA 漢篆千字文 3巻

RT @NIJL_collectors: [象]界線をはみ出してるのカワイイ https://t.co/HyKnM3YKys https://t.co/9xKg1Uhez4
RT @yamashu_64: 過去に東京都本土と小笠原諸島を結ぶ定期船上でヒアリの仲間のアカカミアリを採集しました。本種もアナフィラキシーショックを引き起こす有毒な特定外来生物で注意が必要。https://t.co/RVJuWbDWOQ https://t.co/3iHiX2…

フォロワー(1259ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

余談だがアオムシサムライコマユバチの仲間は幼虫に寄生する際、宿主の免疫系を抑制させるウイルスを使う。しかもこのウイルスは蜂のゲノムに組み込まれており蜂体内でのみ増殖するという特殊化を遂げている。 『寄生バチとポリドナウイルスの関係』 https://t.co/otDKhKX5YL
参考 ホストの特性を活かす アオムシコマユバチによる異なる性質の寄主に対する行動操作様式の比較 https://t.co/hZPO8r8exS 寄生蜂アオムシコマユバチによる侵入寄生への適応に対する進化生態学的研究 https://t.co/ZiviVsWYRj
参考 ホストの特性を活かす アオムシコマユバチによる異なる性質の寄主に対する行動操作様式の比較 https://t.co/hZPO8r8exS 寄生蜂アオムシコマユバチによる侵入寄生への適応に対する進化生態学的研究 https://t.co/ZiviVsWYRj
RT @BiTsukuBiol: ヨーロッパカブトエビは、ユーラシア大陸の高緯度地域から山形県酒田市に移入したものが自然、または人為的に分布を拡大したようです。各種の分布はこちらを参考にしてください。https://t.co/9qzCrLjehV
「いなかたち」に関してはこんな論文を書いてる人がいるわ。私が意味を思い出せればいいんだけど、さっぱり思い出せないのだわ・・・>https://t.co/KL7sCGpGJO
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 2010年春季親潮珪藻ブルーム期における透明細胞外 重合体粒子(TEP)分布の特徴(野坂 裕一ほか),2011 https://t.co/6JhmB4dpoB
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 淡水・沿岸域におけるアミ類の摂餌生態(高橋 一生),2004 https://t.co/aaL8Ll7wqa
RT @skrnmr: CiNii 論文 -  大学・学部運営への個人貢献度評価についての検討 : 諸委員会委員の職務分析・職務評価を中心として https://t.co/Z4Ox371tjg #CiNii おそろしい論文を見つけたよ!問題意識はわかる、しかし、これでみんなが「…

311 86 64 0 OA 漢篆千字文 3巻

RT @NIJL_collectors: [象]界線をはみ出してるのカワイイ https://t.co/HyKnM3YKys https://t.co/9xKg1Uhez4
RT @baritsu: 菱田慶文氏のムエタイ論文は、ムエタイの歴史から始まり、賭博化が技術の変化をもたらしたという面白い物。わかりやすい所では今の柔道ルールの改変などにも通じるし必読よ。 https://t.co/9trA0Q3HAA
RT @808cyatumi: @Erika_deutsch 源氏物語の伝来と享受の研究 https://t.co/V52FosKN0J
RT @information3264: #和泉洋人 #八田達夫 の繋がり #政策研究大学院大学 座談会「住宅政策の未来展望」(季刊住宅土地経済2006年) https://t.co/QM64msH7KP 2016/1/21「不動産と住生活のこれから」パネルディスカッション h…
RT @chirashi_uraura: これによると、月経による味覚変動は運動習慣がある層に限られてるが。運動習慣がない、過去にはあるが現在はない層は、月経周期による味覚変動はみられなかったと。 https://t.co/yAX4afgAAe https://t.co/iS…
RT @fukuokatype05: 宮本 悟「北朝鮮における政軍関係 なぜ北朝鮮の軍人はクーデターを起こさなかったのか?」日本政治学会 年報政治学 https://t.co/WavcjSYKzs 北朝鮮政軍関係分析に付随して、金日成一強体制確立(1970年代末)に至るまでの北…