へそ (@klakkerworks)

投稿一覧(最新100件)

RT @okisayaka: 「研究環境における多様性のためのアンケート調査報告 : 障害・ジェンダー・セクシュアリティと若手研究者」隠岐 さや香、熊谷 晋一郎、清水 晶子、木下 知威、福島 智、綾屋 紗月、星加 良司、中村 征樹、大河内 直之 https://t.co/jbW…
RT @hobbieslab: 児島豊. (2008). 俳句にとってリテラシーの獲得とは何か――『ホトトギス』におけるリテラシー教育を中心に. リテラシー史研究, 1, 15–25. 「俳句初学者はどのようにしてリテラシーを身につけたか」 https://t.co/zX2…
大前敦巳「キャッチアップ文化資本による再生産戦略」 https://t.co/vQEpU2m3Al
小原俊文「T.S. エリオットとホープ / マーリーズのモダニズム : 文化人類学の具現化から見る詩法」 https://t.co/SoR3YdnHl3
笹部建「〈書評論文〉近現代を歴史記述することの困難と可能性」 https://t.co/wxWiqi9N2U
このところ頭に残っている論文はこれ 片岡栄美「階層研究における「文化」の位置:階層再生産と文化的再生産のジェンダー構造」 https://t.co/3mrsYWkfim
この論文はたいへんよかった 「女性的な」身体と「男性的な」身体 https://t.co/4U9tNxclGx
甲田烈「「不思議」の相含構造—井上円了と南方熊楠をめぐってー」 https://t.co/Lf0UuI8O7k
注意の二重性 -映画とヴィデオゲームのスクリーンの考察から https://t.co/AuqF7EHGMd
原稿料の歴史、私も関心があったのでぱらぱらと調べてみた 江戸の戯作者ではじめて潤筆料が払われたのは山東京伝らしく、それは版元による囲い込みが目的だったのではとのこと https://t.co/KLgQQQO9Z7
RT @tetsugaku_arai: ②【文献】 小手川正二郎「「男性的」自己欺瞞とフェミニズム的「男らしさ」 : 男性性の現象学」、『立命館大学人文科学研究所紀要』(120)、2019年、169-198頁 https://t.co/HuhkasEPY9 ※ただで読めるよ!
小林伸行[2009]「〈能力〉メディアと「有能/無能」コード」 https://t.co/AhKR4Cst2K
笹沼俊暁「書評 和泉 司著『日本統治期台湾と帝国の〈文壇〉 〈文学懸賞〉がつくる〈日本語文学〉』」 https://t.co/ei4ilOUbvo

1 0 0 0 OA 文献紹介

和泉広恵「文献紹介 ブライアン・コービー『子ども虐待の歴史と理論』」 https://t.co/tXHENdA6vK

1 0 0 0 OA 書評

『結婚観の歴史人類学』書評 https://t.co/XaiUCpUYGF
長澤唯史「近代の完成とモダン・ファンタジーの誕生」 https://t.co/XA3OHKkXWJ
小川さやか「笑いにあふれた世界と窮地 : タンザニアの零細商人を事例として」 https://t.co/D015x2wVBf
野崎泰伸「境界性パーソナリティ障害の障害学」 https://t.co/rAmLYW6LRK
岡山大学の上田和弘が、ブルデューを用いて日本近代詩を分析した論考 茂吉も出てくる 文学史から文学場へ : 室生犀星と日本近代詩(1) https://t.co/gjb5baoTt6
中山ちなみ「疎外感について」 https://t.co/cAFQjyhonI
駄作論をあたっていたら見つけた 著者名を含め歌人向きの論文  審美的価値観は名画と駄作に対する美的評価と関連するか https://t.co/QmoDV09j4L
上述のつぶやきは西條玲奈「反復可能な芸術作品の存在論とまばらなメレオロジー唯名論」を読んでのもの https://t.co/5G33IrAf44
中山ちなみ「疎外感について」 https://t.co/cAFQjyyZMi
浦雅春「沼野充義著『チェーホフ 七分の絶望と三分の希望』」 https://t.co/5AxQ6H4B96
内田健介「チェーホフの『かもめ』におけるニーナとトレープレフの運命」 https://t.co/Doqsf6kXbJ
腫れものとしての身体 「境界性パーソナリティ障害」における感情的行為の意味 https://t.co/255L5jfCND
アスペクトの恒常性と脆さ : ウィトゲンシュタインとハイデガー https://t.co/KZsIqUebX9
フェミニズムと「売買春」論の再検討──「自由意志対強制」の神話 https://t.co/4IOm0UYPjL #CiNii
総称文とセクシャルハラスメント https://t.co/HFEwa5JXFk
哲学史研究の哲学的意義 https://t.co/WB2jeXV0Ew
RT @kasa12345: 『科学哲学』51-2号の電子版が公開されたので、拙稿「ケンブリッジ分析学派の興亡:「言語論的転回」はいつ起こったのか?」もDLできるようになりました。忘れられた分析哲学の歴史的起源を追求した論文です。https://t.co/HVWpTRvkmE
鈴木由加里 日本におけるジャンーマリー・ギュヨーの受容について https://t.co/N4IPIzzs34
今日はこれを読んだ 高田里惠子 学校の勉強なんかしない : 男の特権? https://t.co/7nnDLN1yAY
CiNii 論文 -  平安時代和文における散文性の形成 (位相・位相語<特集>) https://t.co/Rmu0eSekPb #CiNii
田畑理恵「鑑賞教育における批評の意味についての一考察 ―美術教育と書道教育の批評の意味の比較を通して―」 https://t.co/In9kgtX3R5
成人の趣味における興味の深まりと学習環境の関係:アマチュア・オーケストラ団員への回顧的インタビュー調査から https://t.co/qv0gqdAE4k
ポリフォニーとしての斎藤茂吉の短歌作品 https://t.co/csGludkZed
短歌史について、今見つけられているなかでは非常によくまとまったもの 助かる 現代短歌史考~〈私〉の表出を巡って~ https://t.co/VAYxljfHap
「信」と虚構について--分析哲学による理論構築 https://t.co/o8Elkfgcl0
醒めることを禁じられた夢 「現実」の虚構性をめぐる考察 永井 均 https://t.co/fKvBiHbGAq
D.コステロ「グリーンバーグによるカントと現代芸術論における美学の運命」 https://t.co/9ywnEgCDTo
睦月さんの論考への反応として、女性が歴史からどう排除され/書き直すならどのようになるかの一例を 三成美保「歴史教科書をどう書き換えるか?─ジェンダーの視点から」 https://t.co/DRlcaVB4ne
発表者:井上法子「永遠の炎(かぎろい)を見すえて : 短詩における〈レアリスム〉と〈私〉」 https://t.co/Z1h2p7MWpn
J-STAGE Articles - 心理学の立場から~知能検査が測定するものは何か?~ https://t.co/J6oKABCCpa

お気に入り一覧(最新100件)

「研究環境における多様性のためのアンケート調査報告 : 障害・ジェンダー・セクシュアリティと若手研究者」隠岐 さや香、熊谷 晋一郎、清水 晶子、木下 知威、福島 智、綾屋 紗月、星加 良司、中村 征樹、大河内 直之 https://t.co/jbWoVNLp7G ご案内が遅れていましたが、上記より最終版がDL可能です
児島豊. (2008). 俳句にとってリテラシーの獲得とは何か――『ホトトギス』におけるリテラシー教育を中心に. リテラシー史研究, 1, 15–25. 「俳句初学者はどのようにしてリテラシーを身につけたか」 https://t.co/zX2iCYKgRX
日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF

67 0 0 0 OA 論文の書き方

論文の採択率を上げるため、査読者はどんな論文を不採択と判断したくなるのか考えた、という記事。 6つの問題とその処方箋がとても参考になります。 ・自分が明らかにしたい問いを一文で示せ ・バックナンバーに目を通すのはマナー ・日本語力というより注意力の問題 など https://t.co/gwFY15YQUO https://t.co/lzXnr49t6E
『映像学』103号の電子版がいち早く公開。「フェミニズム」主題の巻頭エッセー3本も読めます。斎藤綾子「映像のフェミニズムについて私の知っている2, 3の事柄」(以下敬称略) https://t.co/roOmGpHnjV
CiNii 論文 -  当事者研究の社会的秩序について : 経験の共同研究実践のエスノメソドロジーに向けて(浦野茂, 2016年) https://t.co/qhjHahKgEI 〈経験〉と〈経験を語ること〉の複雑な関係について丁寧に論じられており、勉強になった。
②【文献】 小手川正二郎「「男性的」自己欺瞞とフェミニズム的「男らしさ」 : 男性性の現象学」、『立命館大学人文科学研究所紀要』(120)、2019年、169-198頁 https://t.co/HuhkasEPY9 ※ただで読めるよ!
関連する論文として日本語で読めるものを見つけたので貼っておく。 マリアン・フュッセル「法律家は悪しきキリスト教徒?」前田星・田口正樹訳 近世の専門家批判について。面白そう https://t.co/UpPrRPMUfc
この『これからのウィトゲンシュタイン』という本には野矢茂樹氏による書評があるのだ。おー怖い https://t.co/OJ7xJkc1aH
『科学哲学』51-2号の電子版が公開されたので、拙稿「ケンブリッジ分析学派の興亡:「言語論的転回」はいつ起こったのか?」もDLできるようになりました。忘れられた分析哲学の歴史的起源を追求した論文です。https://t.co/HVWpTRvkmE
神経回路学会誌9月号 「知覚の時間構造:認知心理学・神経生理学・計算論の視点から」 PDFがJ-STAGEに載りました https://t.co/HNoWbdr27T 来年9月に会員外にオープンになります イントロは始めからオープンにしてもらってますので、こちらをどうぞ https://t.co/UdQeeN48uq よろしくお願いします https://t.co/nEeuWqGeYs
「H.Lissauer—精神盲の症例とその理論的考察」第1回から第3回まで連載がある。読みたいけど『精神医学』、医学部分館かあ…遠いなあ。 https://t.co/xwjpgWwPBu
いま、3冊挙げるなら、なにかなぁ。論文だけど、九州大学の芸術工学研究院の紀要として挙がっていたこの論文はまぁまぁよかったなぁ。デザインにおけるコンセプトとはなにか。 CiNii 論文 -  デザインにおけるコンセプト : ドゥルーズ/ガタリの概念論をもとにして https://t.co/cI4wmAnsBW #CiNii
バルトの『明るい部屋』を実在論的な写真論が展開されたものとして解釈。おもしろかった! 岡本源太「写真と実在、そして真実 : ロラン・バルトによる写真の実在論」 https://t.co/BgyiHgof4d
『日本のありふれた心理療法』(誠信書房)に寄せた書評。ずいぶん前に書いたものなんですが、1月の東畑さんとの対談ではこの「純金/合金」の関係についても、改めて考えてみたいと思っています。 → https://t.co/8OZ0MpA9Y6
国語の「作者の意図を答えよ問題」には言語教育や社会コミュニケーション教育上、様々な問題があることはリンク先の総説論文と書籍で書きましたが、 ついに現れた "出題者vs作者の直接対決企画" (作者の意図を作者は正解できるか) 12/7のタモリ倶楽部でやるそうな… https://t.co/NUnr5cMTfK https://t.co/DBwU2PNM2q
フロアからの最後の質問で、ギデンスとの対比でフーコーを出したときの「反逆」への指摘は、確かにそうだと思った。思い出したのは、藤田博文「M.フーコーにおける「自己への配慮」」 https://t.co/gCOOwa7j2w)での『主体の解釈学』でセネカを引っ張った時の「ストゥルトゥスstultus」の文脈だった。
CiNii 論文 -  他者と恐怖―デリダのルソー読解― https://t.co/WHwwPCaaum #CiNii
CiNii 論文 -  永遠の炎(かぎろい)を見すえて : 短詩における〈レアリスム〉と〈私〉 (2014年度 立教比較文明学会 研究交流会) http://t.co/gDfHWH9Wf7 #CiNii
CiNii 論文 - 未来の否定と永遠の現在 : 「魔法少女」の成熟 http://t.co/BJmB0kTThC

フォロー(98ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(800ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @bowwowolf: 木下宏一「岸信介の盟友にして小池百合子の師父たりし職業的国家主義者・中谷武世の初期思想形成について」を読んだ。翼賛選挙で衆議院議員になり、戦後は日本アラブ協会会長として中東諸国との民間外交に邁進した中谷の前半生がわかり、なかなか興味深いものである。…