w_kishida (@w_kishida)

投稿一覧(最新100件)

RT @StarsofCCTV: この科研の報告を読むと、中国では「革命の神話」に触れるのが難しくなっている現状を再認識する。中ソ関係の研究も影響を受けるかもしれない。 https://t.co/6iuqoiEhsX
RT @KIRARAcity: 蛇足ながら、区の出版物についても、筆者の校正指示に従わなかったり、内容を改変したり、学術的に疑義があったりするなど、その編さん姿勢が厳しく問われているようであります。 https://t.co/olT0E9fHKp
RT @ichinojyo: 亀田俊和先生の昔の論文がPDFで読めます。 https://t.co/rC2et0dfTe https://t.co/Tbht2Cge1P あと、史学雑誌の記事と呉座先生の3つの著作(『一揆の原理』『戦争の日本中世史』『応仁の乱』)の書評も。…
RT @ichinojyo: 亀田俊和先生の昔の論文がPDFで読めます。 https://t.co/rC2et0dfTe https://t.co/Tbht2Cge1P あと、史学雑誌の記事と呉座先生の3つの著作(『一揆の原理』『戦争の日本中世史』『応仁の乱』)の書評も。…
RT @ichinojyo: 亀田俊和先生の昔の論文がPDFで読めます。 https://t.co/rC2et0dfTe https://t.co/Tbht2Cge1P あと、史学雑誌の記事と呉座先生の3つの著作(『一揆の原理』『戦争の日本中世史』『応仁の乱』)の書評も。…
RT @ichinojyo: 亀田俊和先生の昔の論文がPDFで読めます。 https://t.co/rC2et0dfTe https://t.co/Tbht2Cge1P あと、史学雑誌の記事と呉座先生の3つの著作(『一揆の原理』『戦争の日本中世史』『応仁の乱』)の書評も。…
RT @JS_Ecoha: 消費税率 8%への引上げが国内経済にもたらした影響について振り返り、この先予定されている 10%への引上げに伴う経済的な影響に関する各種の試算を紹介している。 「消費税率引上げの影響と対策」田村なつみ(2018) https://t.co/EjW…
RT @JS_Ecoha: 「消費税率引上げの影響と対策」 田村なつみ[2018] https://t.co/EjWUzG1AeQ
RT @StarsofCCTV: 満洲国とナチスの関係は、思っていたよりも深い。 「特にモルヒネは、ホロコーストや障害児童を含む障害者の「安楽死」にも利用されており、これらのモルヒネと『満洲国』からドイツが輸入した阿片との関係を史料によって検証することが今後の課題である」。 h…
RT @ryusukematsuo: 谷遼大「ドイツ公法学における参加論の歴史的展開(1)――参加の正統化機能に関する一考察」『北大法学論集』70巻1号,126-82頁,2019年7月 https://t.co/uNqinqgd1n
RT @ryusukematsuo: 那須俊貴「主要国における投票率――投票参加に影響を及ぼす要因と国内外の取組事例」『レファレンス』822号,87-111頁,2019年7月 https://t.co/c2jrszT3kV (PDF)
RT @YSD0118: これを見ると、どうやらいま元朗でドンパチやってる村は客家系ではない…のかな。土地勘がなくてわからぬ。 「客家と本地 : 香港新界農村部におけるエスニシティの一側面」『民族學研究』1986 年 51 巻 2 号 p. 111-140 https://t…
RT @brighthelmer: 去年、岸政彦さんらの『社会学はどこから来てどこへ行くのか』や、同じく岸政彦さんの『マンゴーと手榴弾』を拝読し、いろいろと思うところがあったので書いた研究ノートがオンラインで公開されておりました。「『下衆の勘ぐり』の極北 : 『動機』の理解をめ…
RT @tateita_HI: @HIRAYAMAYUUKAIN 失礼します。筆者のクレインス氏は、日文研でオランダ平戸商館の往復書簡を研究している方なので、注目するのはそちらかと。 https://t.co/YLuUD3WHio
RT @makotosaito0724: その後も貨幣流通速度低下で貨幣拡大でもデフレ進行。世紀末、南アフリカの金生産拡大で金相場下落、アジアの凶作で米国農産物高騰、米国は金本位でデフレ脱却。この辺をもっと早く理解していたら90年代からの日本のデフレ論争をもっと正視できたと思う…
RT @makotosaito0724: ナッジを肯定的に考えていた頃の行動経済学会パネル(松島、岩本、大竹)での発言。当時は「政策のために良いことをしている」と思い上がっていて、研究を進めるに従って、耐震がまさにポリティックスで私的利害の激しい対立の場で、ナッジの前提の難しさ…
RT @satoru_miyamoto: 2013年9 月に高村正彦・自由民主党副総裁 が日本総理特使としてイランを訪問した日に、イランを訪問した様子をまとめたコラムです。安倍政権すごいよ。 「イラン・イスラム共和国への訪問 : 米国との関係改善を模索し始めた中東の大国」『聖…
RT @jshiratori: メモ。九大の紀要論文。修論ベースのものだろうか。>濵砂孝弘「安保改定期における政府の集団的自衛権の形成過程」『政治研究』第66号(2019年3月)。https://t.co/UfF92AljAI #CiNii
RT @makotosaito0724: 古川論文では、銀行業に近い人が、銀行が貸出を通じ無から有で預金を創造できると考えたが、銀行システムで預金需要と一致するかは懐疑的、そこに景気循環の要因を見た。一方、遠い人は、預金が貸出の原資と考え、銀行システムは貸出と預金が予定調和的に…
RT @makotosaito0724: 本書の第一講で素材として取り上げられている映画 近松物語 の議論は、桑原朝子さんの論文を下敷きにしているが、この論文がとっても面白い。 https://t.co/IvfcOcNky9
RT @ryusukematsuo: 森悠一郎 [2019] 「統計的差別と個人の尊重」『立教法学』100: 215-186 https://t.co/WQCngrZu1G
RT @Shusaku_SASAKI: 上野千鶴子さんの祝辞を読んで思い出したのは、下の論文と一連の先行研究: https://t.co/sTsyfTWR7l https://t.co/iJTxRtBBSq
RT @lowkaku2928: 序盤スナック感覚の軽い書き口だなぁと思ったら、急にきな臭くなり、いつも通りのアレだったアレ。 https://t.co/aziOGf841d
RT @ryusukematsuo: 武石典史 [2017] 「官僚の選抜・配分構造――二つの席次への着目」『教育社会学研究』100: 265-284 https://t.co/u8I1IBUtWM
RT @Shusaku_SASAKI: 行動経済学会の10周年企画論文として、 「医療現場の行動経済学:意思決定のバイアスとナッジ」 というレビュー論文を、大竹先生と執筆しました。同名書籍の出版プロジェクトの議論内容を踏まえながら、文献を追加して再構成しています。 フリー…
RT @masa_koz: なお、ケント・アンダーソン=奥田安弘「フジモリ元ペル一大統領に関する国籍法および国際刑事法上の諸問題」(https://t.co/1dG3peSzH9)1067頁以下にフジモリ氏には国籍法16条の適用がないという法務省見解が紹介されていますが、無理が…

2 0 0 0 OA 経済法序説(1)

RT @ryusukematsuo: 舟田正之「経済法序説」 (1): https://t.co/RdCcLxf7uX (2): https://t.co/7IPlVcejbq (3): https://t.co/9Af9UwVZop (4): https://t.co/FjS…

2 0 0 0 OA 経済法序説(4)

RT @ryusukematsuo: 舟田正之「経済法序説」 (1): https://t.co/RdCcLxf7uX (2): https://t.co/7IPlVcejbq (3): https://t.co/9Af9UwVZop (4): https://t.co/FjS…

2 0 0 0 OA 経済法序説(3)

RT @ryusukematsuo: 舟田正之「経済法序説」 (1): https://t.co/RdCcLxf7uX (2): https://t.co/7IPlVcejbq (3): https://t.co/9Af9UwVZop (4): https://t.co/FjS…

3 0 0 0 OA 経済法序説(2)

RT @ryusukematsuo: 舟田正之「経済法序説」 (1): https://t.co/RdCcLxf7uX (2): https://t.co/7IPlVcejbq (3): https://t.co/9Af9UwVZop (4): https://t.co/FjS…
RT @ryusukematsuo: 待鳥聡史 [2018] 「ポピュリズムと政治制度」『法学論叢』182(4/5/6): 78-103 https://t.co/7nkdIZw9is 読みました(ウェブには出ていないようです).
RT @kurodotty: 軽減税率は、①資源配分のゆがみを生じる、②逆進性対策にならない、③徴税コストを増大させるという論点に続く論点として、④税の誤解や誤認を議論されています。その中で、消費税を正しく計算できないということを示した黒川・森・大竹論文を紹介していただきました…
RT @ryusukematsuo: 小沢春希「死刑をめぐる論点【第2版】」『調査と情報』1013号(2018年9月13日) https://t.co/yn1ZG1upRO (PDF)

13 0 0 0 OA 憲法義解

RT @ys_jpd: すごい研究会でした。ノックダウン気味。憲法学、法制史、政治学、政治思想史のみなさん、ありがとうございました。 >これの続編研究会です。面白い。 https://t.co/I482AZft7x
RT @kaikaji: 少し前ですが、私も中国経済の台頭という文脈の中で「今、村上泰亮を論じる意義」について論じたことがあります。「中国の経済成長と『分散型の開発体制』」https://t.co/g5IDiIYCQO / “対談=稲葉振一郎×金子良事 …” https://t…
RT @KoichiTaniguchi: 先ほどの「<鼎談>「日文研問題」をめぐって」最後まで読んだが、メチャクチャに面白かった。学会とは何か、研究とは何か、色々なことを考えさせられながら読んだ。山崎正和オーラルなどと併せ読むと更に滋味深いのではないか。以下、PDFのあるトコ。…
RT @yusai00: エアコンの設定温度を28℃にする根拠がない事はだんだん知られてきたけど、では何度が最適なのか?オフィスでの作業効率と電力消費を調べた論文によれば「作業効率が最大になるのは25.7℃」。設定温度じゃないぞ室温だぞ。それではご唱和下さい!「最も捗る室温は2…
RT @ryusukematsuo: 浅井亜希 [2018] 「新自由主義の家族政策は可能か――スウェーデンとの比較から」『立教法学』98: 280-256 https://t.co/GoDmWhD5E4
RT @ryusukematsuo: 倉田徹 [2018] 「返還後20年の香港政治――中国と香港の巨大な変化」『立教法学』98: 301-281 https://t.co/vwWCZ1ZXNv
RT @ryusukematsuo: 小川有美 [2018] 「ロッカンの「周辺」、サイプの「官僚国家」――ノルウェーの民主的発展から「持続可能な発展」までを再考する」『立教法学』98: 33-20 https://t.co/Zvck65xMlx
RT @jshiratori: 時間を見つけて読む→高橋力也「立作太郎以後ーー戦時期外務省における法律顧問設置構想」『国際法外交雑誌』第116巻第3号(2017年11月) https://t.co/pgTQto5uYy
RT @ryusukematsuo: 田村先生から有難いコメントを頂戴していたようです.私の議論は(いつもながら)粗いですが,affected云々については今後日本語でも検討が増えてくるのかなと思います.現時点でウェブで読めるものとして,フレイザーの議論を検討した鵜飼さんの論文…
RT @ryusukematsuo: 杉浦功一「デモクラシー概念の変容の考察―民主化支援活動の現状から」 https://t.co/0TQZQuOVre
RT @ryusukematsuo: 「政治史や西洋思想など隣接分野の研究者が日本思想の現在の研究水準をあまり理解していないのではないかという疑念は、学会や研究会の場で時々頭をよぎる(逆も時々あるが、それほど頻繁ではない)。」 https://t.co/P3yAYIPyIj
RT @rekinavi: 【史実】先ほどつぶやいた、乱や変の呼称についての、安田元久氏の論考は、学習院学術成果リポジトリに、「歴史事象の呼称について:「承久の乱」「承久の変」を中心に」としてpdfで掲載されています。興味のある方は一読ください https://t.co/mpD…
RT @fohtake: J-STAGE Articles - 長時間労働者の特性と働き方改革の効果 https://t.co/c1xOCxYquS
RT @ecohis: @go2hitoh 今回は定免法vs検見取法にフォーカスでしたが、徳川期の村落秩序と課徴税の仕組みとでいうと、有本さんのご業績が良質な参考文献ですね https://t.co/xne5cgCHk6
RT @ryusukematsuo: 小川寛貴 [2017] 「選挙制度と政党システム研究――「デュヴェルジェの法則」から制度間不均一まで」『早稲田政治公法研究』114: 17-31 https://t.co/9OHMCd2KoB
RT @ryusukematsuo: 古賀敬太 [2017] 「カール・シュミットの憲法・政治思想:緊急権を中心として(1)――第一次大戦から『独裁』まで」『国際研究論叢』31(1): 1-24 https://t.co/1nCLOet0Th
RT @shoutengai: 九州帝大設立に関する調べをしてて行き着いたけどほんと面白い。特に東北は各県では争ってなくて北海道か仙台かでのある意味の争い。九州は長崎、熊本、福岡の戦い。最後はカネw/大学新設 と寄附金問題 〜東北 ・九州帝国大学設立過程の一考察〜 https:…
RT @shoutengai: たまたま見つけて読んだけど超絶面白い。九州帝大、東北帝大設立に関する地方における寄付金と誘致合戦に関する研究。てか明治の時代は国が地方からいかに金取るか?ばかり考えていたこともわかり新鮮。 https://t.co/uURUJ42Pqv
RT @bokassa_1er: @dig_nkt_v2 こんなんありました。 世襲議員の実証分析 https://t.co/DQgBqGAo4E
RT @makmiz: ThalerのMental Accounting以前に日本の心理学者・小嶋外弘らが「心理的財布」という概念を提唱していた。そのことをTverskyに確認したというエピソードも→「消費者行動研究」1998 (pdf) https://t.co/PwDLw9…
RT @RyosukeAmiya: 中北さんのデビュー論文. https://t.co/LeEmoCZwEd 久米さんの新書,絶版とは… https://t.co/Ef5xqTV8Hz
RT @ryusukematsuo: 中村悦大 [2011] 「有権者の政治的判断をめぐる研究動向――理性か感情か」『選挙研究』27(1): 5-15 https://t.co/dzwHdS8JXd
RT @ryusukematsuo: 砂原庸介 [2011] 「政党システムの分析における地方と新党」『選挙研究』27(1): 43-56 https://t.co/tBrrzrYewn
RT @zaikabou: 皇太子がオックスフォード大学に留学した時の卒論が『18世紀テムズ川における輸送船舶及び輸送業者について』なのはよく知られているが、学習院大学の卒論は『中世瀬戸内海水運の一考察』。テムズ川のはここで読める https://t.co/lFJECh3UuC
RT @ryusukematsuo: 小川寛貴 [2017] 「選挙制度不均一の諸相――定義と実態」『早稲田政治公法研究』113: 1-16 https://t.co/LdbYsae6A5 ダウンロード可能.
RT @knada40: TLに流れてきた「東日本大震災の津波被害における神社の祭神とその空間的配置に関する研究」の内容の粗さに驚く。民俗学や中世〜近代史の人はどう思うのか。これで査読が通るとは...... https://t.co/2gnt8WVnoo
RT @ryusukematsuo: 瀧川裕英 [2017] 「票を不平等に配分する――票配分原理の探究」『立教法学』95 https://t.co/MzWBfrWrhW 【あわせて読みたい】→「分割して統治させよ――ステークホルダー・デモクラシーの複数性」 https://t…

43 0 0 0 OA 佐々木家文書

RT @quiriu_pino: 国会図書館の佐々木文書は、導誉の妻の書状など貴重な文書があるのになぜか使われてないと森茂暁さんが書いてますね。かつては『国立国会図書館所蔵貴重書解題』の翻刻が頼りでしたが、今はデジコレで公開されてるんで、引用される機会は増えるかも。 https…
RT @95389592: フォーテースキューの二重大権論を掘り下げたら、深澤民司(2016). 「国民国家の始原─ジョン・フォーテスキューの政治理論についての一考察」https://t.co/3hq8VZbX6c にたどり着き、D.W.ハンソンによる二重大権論のゲルマン的起源…
RT @cas84920: ホッブズ『法の原理』の翻訳に対する厳しい批判。わが国におけるホッブズ研究・ホッブズ受容の問題点がわかる書評。https://t.co/MWmWalPGtT
RT @nekonoizumi: 早くリポジトリに登録されないかなと思っていた高野清弘先生の岩波文庫版『法の原理』書評、来たか。PDFあり。 高野清弘「ホッブズ著『法の原理』田中浩・重森臣広・新井明訳 (岩波文庫、二○一六年)」『甲南法学』57巻1・2号(2016) https…
RT @sunaharay: たまに紹介しているけど,「廃村へのソフトランディング」(『自治研究』)https://t.co/DmRcK50Ozr という興味深い研究が発表されたのは1993年である。/ 集落消滅を見据えた対策始まる|NHK NEWS WEB https:/…
RT @nakajima1975: 橋迫瑞穂さんの学会発表要旨「モノと女性のスピリチュアリティ : 「布ナプキン」の事例から」が面白い。https://t.co/DcRA7eUjXo 「布ナプキン」の普及・礼賛が「女性の月経/身体性の再聖化」の象徴となり、スピリチュアリティの日…
RT @ryusukematsuo: @sunaharay J-stageで検索かけたところ,田口富久治「代表の現代的問題状況」(1958年)が引っかかりました. https://t.co/Tw9S8TWRUE アメリカについてですが,議会と大統領の「二元的代表」との記述があり…
RT @ryusukematsuo: 森村進 [2014] 「移民規制に関するリバタリアンの議論」『千葉大学法学論集』29(1/2): 622-597 https://t.co/9lcTq9H29s こういうのもあります.
RT @ryusukematsuo: 岸見太一 [2014] 「移民選別とデモクラシー――法的強制を基準とする境界画定論の検討」『年報政治学』2013(2): 252-273 https://t.co/XedJa0lg2q 今月に電子公開されたばかりです.
RT @NDLJP: 相続税制の改革に当たっての考え方『レファレンス』785号, 2016.6. https://t.co/FPveIFhLKw #NDL調査局今月のトピック #税制改正
RT @ryusukematsuo: 樋口陽一 [2016] 「第五共和制のlégiste vs 第三帝国のKronjurist ?――ルネ・カピタン(一九〇一-七〇)とカール・シュミット(一八八八-一九八五):二つの才能の交叉と乖離」『日本學士院紀要』71(1) https:…
RT @myamadakg: 小野耕二先生の最終講義,論文化されましたか。 “小野耕二(2016)「政治への新たな視座 : 政治の重層性の把握をめざして」名古屋大学法政論集 268. - NAGOYA Repository” https://t.co/L9MwgmQMPy #…
RT @KoichiTaniguchi: こんなんも落ちてた(PDF注意) 書評/ア レ クサ ン ドル ・ ドゥ ー ギ ン 『地政学の基礎 ロ シア の地政学的未来/空間をもっ て思考 する』モスクワ 、 1999年 、 928頁。 黒岩幸 子 https://t.co…
RT @jshiratori: 10数年前の自分が渡邊昭夫先生の青学最終講義「日本外交へのプロレゴメーナ――歴史学と政治学との対話」https://t.co/Kgj46FOPCv を熱く後輩に薦めていたいた学部3年生だったらしいということを知りました。忘れてた。
RT @KoichiAkasaka: 宍戸真梨「受動喫煙対策の動向――我が国と海外の屋内公共施設における喫煙規制」調査と情報―ISSUE BRIEF925号(2016年)1頁以下。諸外国の中で日本の受動喫煙対策が世界最低レベルであることが明瞭に示されている(とくに8頁)。htt…
RT @makotosaito0724: ちょっと盲点だったが,戦中の住宅市場,家賃については価格統制が厳しかったが,住宅価格については統制外で投機の対象となっていたとのこと。 https://t.co/WczAp09HAi
RT @nekonoizumi: 国立国会図書館『調査と情報-Issue Brief-』の最新号は「主要国議会の解散制度」 https://t.co/VhcSBLnDaA PDF: https://t.co/vRZUdwGsnI
RT @monogragh: 所属が「御所」(The Imperial Residence)だという難解な概念を前にして、「所属とは……」と悩まされている。/CiNii 論文 -  皇居におけるタヌキの食性とその季節変動 https://t.co/Y2ZxkuIcZs #CiN…
RT @masahirosogabe: 昔書かせて頂いたものが、最近電子化されておりました。仲間が当時在籍していた縁で、紀要に載せていただいたものです/通信社からの配信記事をそのまま掲載した新聞社の名誉毀損責任が認められた事例 : 最三小判平成一四年一月二九日 https://…
RT @follow_against: 地球の中心部へ行く方法を真面目に考察した論文「Core Project」今こそ陽の目を見る時であろう https://t.co/GvkL5cmUri
RT @rkscinii: CiNii 論文 -  鎌倉由比ヶ浜埋葬人骨および獣骨の地球化学的研究(第19回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム平成18(2006)年度報告,第2部) https://t.co/nThM8Uew6T #CiNii
RT @ryusukematsuo: CiNii 論文 -  境界線の政治理論 -社会的排除と包摂をめぐる代表制民主主義 https://t.co/uiJGkLpuCA #CiNii
RT @ryusukematsuo: CiNii 論文 -  政治理論における〈有効性〉-高畠通敏と戦後日本 https://t.co/28dT3zUg9J #CiNii
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 台湾における農用地土壌汚染及び汚染拡大の実態 : 台湾の農用地土壌汚染の社会的背景及び対策制度の課題(黄 〓惠ほか),2012 https://t.co/XbklobBO1Y
RT @yagena: 1889年の熊本地震を分析した全8ページの論文(日本語)です。 “直下型地震は、阪神・淡路大震災(1995年)でその威力は十分に証明されたが、一... https://t.co/2ZNw96SDPn
RT @hinatakiyoto: 渡辺雅子先生の「日・米・仏の国語教育を読み解く」・・・これにも感銘を受けました。 https://t.co/C9EUXIB4AB
RT @KoichiTaniguchi: どん兵衛のコレ、筧克彦先生の『大日本帝国憲法の根本義』の「第五図」(159頁)しか想起し得ないのが、普通の法学者だよな。 ちな、近代デジタルライブラリーで読めます。→ https://t.co/wE5rcszWnW https://t…
RT @makotosaito0724: 「幸福のための取捨選択」 井伊雅子さんのエッセー。 https://t.co/7Uom4EAF8K
RT @semyon524: 「ひとりの死は悲劇だが、百万の死は統計に過ぎない」 これについての面白いエッセイ 沼野充義「悲劇と統計:スターリンは本当にそんなことを言ったのか」 https://t.co/FzD3kGnaAG
RT @ryusukematsuo: 渡辺匠/太田紘史/唐沢かおり [2015] 「自由意志信念に関する実証研究のこれまでとこれから――哲学理論と実験哲学、社会心理学からの知見」『社会心理学研究』31(1): 56-69 https://t.co/ILZuxWADW8
RT @endBooks: 【PDF注意】『1960年以降の日本の自然海岸の改変の統計学的分析』1997年 http://t.co/xYqZXSnE7V 「1960年以降の日本国内の推定自然海岸率の推移」グラフがある  ┗ 特に運輸省所管の人工海岸部分の延びが著しい
RT @DanielPAldrich: MT https://t.co/UbSmzHP06r 地域のソーシャル・キャピタルは災害時の共助を促進するか―東日本大震災被災地調査に基づく実証分析 @discardedbacon @h_hasegawa1 @myamadakg @Tok…
RT @sunaharay: 曽我部先生の論文。もはや「フランス型」はないのかなあ。議会の決定と大統領の署名の間で審査,というのが型として残るのだろうか。 / フランスにおける違憲審査制度改革 http://t.co/hiupxexE2G
RT @ryusukematsuo: 桐原康栄/帖佐廉史 [2015] 「国会改革の経緯と論点」『レファレンス』774: 59-80 http://t.co/ul0bnfkkOs (PDF)
RT @sura_taro: 同じく吉村先生のこれも読みたい 吉村 政穂「金融スキームと信託に関する税制」信託法研究37号 http://t.co/FJ5JEItsuu
RT @ynabe39: この「近代日本における「文学部」の機能と構造〜帝国大学文学部を中心として」という論文は大変勉強になる。明治時代には文学部は政府にも軽視され入学者も集まらず東大文科大学ですら入試が成立しなかったのだそうだ。https://t.co/BIzXHjnFlZ
RT @hahaguma: ポスト五五年体制期の大衆政治-大阪市長選挙における投票行動の実証研究 https://t.co/utxf3K5fUt「社会的・政治的に疎外された有権者は、公務員不信を通じて橋下徹へと投票する。それに対して社会的に疎外されていない有権者は、競争主義を通…
RT @Epimbi: 「身をわきまえる」というテーマから『格差と序列の心理学:平等主義のパラドクス』という本を探し出し、著者のpdfを見つけた。 https://t.co/KNP4HygIre
RT @sunaharay: このテーマについては論文を書いています。前回までだと府県議への転出は非常に少なく、ほぼ公明党に限られていたはず。/ CiNii 論文 - 地方への道 : 国会議員と地方首長の選挙政治 (政権交代期の「選挙区政治」) http://t.co/n7S…
RT @hatano1113: 新任の国文学の先生が「兼好法師=吉田兼好」は誤りであるという論文に言及していて,気になったので調べてみた。小川 剛生「ト部兼好伝批判」http://t.co/g1EA5uNoo3 こちらのブログに解説有。「六十年に一度の論考」閑山子余録http:…

お気に入り一覧(最新100件)

10 0 0 0 OA 防長回天史

https://t.co/2fqEc2z3X7 国会図書館オンライン『防長回天史』第1篇へのリンクを貼っておきます。毛利氏が大江広元の末裔であることを高らかに宣言している辺りに、明治以降も「鎌倉以来」の家系は誇りに出来る事だったのだと改めて気づかされますね。
満洲国とナチスの関係は、思っていたよりも深い。 「特にモルヒネは、ホロコーストや障害児童を含む障害者の「安楽死」にも利用されており、これらのモルヒネと『満洲国』からドイツが輸入した阿片との関係を史料によって検証することが今後の課題… https://t.co/QQcMorP2Q3
2013年9 月に高村正彦・自由民主党副総裁 が日本総理特使としてイランを訪問した日に、イランを訪問した様子をまとめたコラムです。安倍政権すごいよ。 「イラン・イスラム共和国への訪問 : 米国との関係改善を模索し始めた中東の大国… https://t.co/0d2OnpFQAB
森悠一郎 [2019] 「統計的差別と個人の尊重」『立教法学』100: 215-186 https://t.co/WQCngrZu1G
軽減税率は、①資源配分のゆがみを生じる、②逆進性対策にならない、③徴税コストを増大させるという論点に続く論点として、④税の誤解や誤認を議論されています。その中で、消費税を正しく計算できないということを示した黒川・森・大竹論文を紹介… https://t.co/pFOGrPgmGO
海津 一朗「秘仏・高野山南院「浪切不動明王」考 : 弘安の蒙古襲来と志賀島」 和歌山大学教育学部紀要. 人文科学 68(1), 81-86, 2018-01-31 pdf公開論文。「…っぽさ」が詰まってます。いくつ突っ込めるかな?… https://t.co/QlDPO0PIl2
徳永健太郎「中世八幡宮寺領一覧稿」、早稲田大学高等学院研究年誌6, 2017.3 https://t.co/HYKqzpoQn4 pdf 公開論文。辞書・工具類を中心に石清水八幡宮領を網羅したリスト。国史大辞典があげるのが153ヶ所なのに対し、こちらは532ヶ所。
「(6)本稿でいう法実践は、吉良とルーマンが法と時間の議論の中心に置く裁判のことを指している。」(154頁) https://t.co/Bf63D081wz 「吉良とルーマン」!!!
こちらで事件の詳細がわかります 吉村政穂「租税判例研究(378)冠婚葬祭互助会における長期中断払込済掛金の計上時期--神戸地裁平成14.6.13判決」 https://t.co/jyn3PA0ibr ジュリスト1258号
曽我部真裕「『実名報道』原則の再構築に向けて『論拠』と報道被害への対応を明確に」Journalism317号 https://t.co/c5eJBSl4Iu
…いや、封書だったのかもしれません。しかし、そう長くはないですよ、あの先生。6行くらいで何か書いてこられたのですけれどね。」(西尾・村松・大森・武藤「辻行政学を語る」)https://t.co/1d5mGx6xu1
その後だと辻陽さんのもの(僕の論文のデータも辻さんのをもとにしてる)。あと『「政治主導」の教訓』にも民主党への政権交代との関係でちょっと書いた。/ CiNii 論文 -  政界再編と地方議会会派--「系列」は生きているのか https://t.co/jVOv7UvrpU
都道府県議会での自民党の分裂については以前の拙著も。これは93年まで。/ CiNii 論文 -  地方における政党政治と二元代表制--地方政治レベルの自民党「分裂」の分析から (特集 選挙サイクルと政権交代) https://t.co/gk0ruyjnyl #CiNii
年に1回は読み返す『スメラギズム入門』を思い起こした。こちらの冒頭からのあまりの破壊力の高さは反則もの。 『スメラギズム入門』スメラギズム研究所 昭和7年 http://t.co/sNbQJVaInK
齊藤さんと小林さんの行動経済学会でのパネルでも小林さんがそう指摘されていたと思います。 https://t.co/61JyRGRso4 https://t.co/YMN0l29Cye
(承前)ではここで、現存する『古事記』写本として最古の真福寺本(14世紀、国宝)を見てみましょう。http://t.co/TUjsJg78Vn http://t.co/ZktkzSXXaO
#memo 小野紀明「公共政策大学院生に薦める三冊の本」京都大学公共政策大学院『公共空間』(2010 Autumn) http://t.co/hFB65e5E7s
こんな論文どうですか? ニホンナシ栽培品種の果形変異 : 地理的分化と歴史的変化(梶浦 一郎ほか),1980 http://t.co/2cBGwnwLhh
幸福度と満足度でいろいろ違いが出ているのが面白い点です。RT @kurodotty: 黒川・大竹(2013)「幸福度・満足度・ストレス度の年齢効果と世代効果」がJ-Stageに公開されました。ぜひ、ご一読ください。 https://t.co/icQKy9btxH
ラテン語教育の歴史って面白いらしいね。まさに西洋世界の「教養」の概念の発展と連続している。前にも紹介したけどたとえば→ http://t.co/ZjzhPYzhUL
↓ 福島県の食品由来の内部被ばくが低いことを30000人規模のホールボディーカウンター検査結果から明確に示した早野坪倉宮崎論文です http://t.co/qCmBoNod10 日本語抄訳をこちらにて公開 → http://t.co/7OCOXt1rOj
福島県の食品由来の内部被ばくが,チェルノブイリ事故で知られている土壌汚染と内部被ばくの相関から予想されるよりも大幅に低いことを示す論文を坪倉先生,宮崎先生とともに書きました.本日日本学士院の英文査読付き論文として公開されました→ http://t.co/qCmBoNod10
これ面白い資料だな。解説は高安先生。国会図書館より。 / 英国の内閣執務提要 http://t.co/alZjkzYCYh
これも憲法学者が書いたものですが、かなりバトラーというか言語行為論に踏み込んで行ってる異色の論文。注では昼間ツイートした北田さんの論文への言及もあります。http://t.co/WH7xyCXdpj (「オープンアクセス」というところから入れます。)
体罰経験のある人ほど体罰に肯定的な傾向がある。因果関係は不明だが・・・高橋豪仁・久米田恵(2008)「学校運動部活動における体罰に関する調査研究」http://t.co/JUbrwRTk 安田勉(2000)「体罰体験とその意識」http://t.co/fOi6gHgG
荒木俊夫「自民党得票率の変動 -石川仮説の批判的検討-」『北大法学論集』第40巻第5・6合併号下巻、1990年 http://t.co/VB2aDJYJ 故荒木先生の石川真澄説再検証論文がネットで手軽に読めるようになるとはよい時代。
荒木俊夫「自民党得票率の変動 -石川仮説の批判的検討-」『北大法学論集』第40巻第5・6合併号下巻、1990年 http://t.co/VB2aDJYJ 故荒木先生の石川真澄説再検証論文がネットで手軽に読めるようになるとはよい時代。

フォロー(70ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @ryusukematsuo: 掲載誌公開に伴い,拙稿「影響を受ける者が決定せよ――ステークホルダー・デモクラシーの規範的正当化」も公開されました. https://t.co/qyT1wMcD5T
掲載誌公開に伴い,拙稿「影響を受ける者が決定せよ――ステークホルダー・デモクラシーの規範的正当化」も公開されました. https://t.co/qyT1wMcD5T
RT @MValdegamas: 佐々木先生は「漁業からみた普天間基地移設問題―襞に埋没する名護の海人」『現代思想』44:2(2016年)の人ですね。https://t.co/rc2ijYu5li

フォロワー(750ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

4 4 4 1 思出を語る

RT @syutoyoshikaze: デジコレで神風連資料確認。神風連に襲撃され難を逃れた太田黒惟信談話。惟信は砲術家で知られていたが、襲撃時、厠の手ぬぐいを持っていたのが拳銃のように敵に見えて難を免れた。談話ではリボルバーを「六堤搦(ろくちょうがらみ)」と記す。肥後のみの方…
@urumalaw CiNii 図書 - 統治の仕組み https://t.co/PPs97oaJLg これです
「東京東部低地(ゼロメートル地帯)の形成と洪水発生の不確実性に関する研究」 -- J-STAGE https://t.co/wcYgYaqYSC
パルコキノシタ「私と震災 命を描く」『埼玉大学紀要教養学部』第55巻1号に公開されております。 https://t.co/fqKA1JpR1b
池谷薫監督『蟻の兵隊』をめぐって『埼玉大学紀要教養学部』55巻1号 公開されております。 https://t.co/qBKOBHey5G
CiNii 論文 -  高等試験の試験科目「憲法」に関する基礎的研究 : 試験委員と筆記試験問題 https://t.co/5dM8nrMpJs #CiNii