μia tαkeδa (@murmurmia)

投稿一覧(最新100件)

CiNii 論文 -  脳活動から心を可視化する (可視化技術が拓く新たな世界) https://t.co/iAMIU5Cpk3 #CiNii 発表で言及されてたのは単著だから、これはちがうやつかな?
J-STAGE Articles - オープンデータを利用した地域·広域的なサンゴ白化の推定 https://t.co/t8fXf5RKGv サンゴマップのデータを使って論文になった例。 サンゴなんとか学会とかじゃなくて,リモートセンシング学会なのがおもしろい。
科学教育と科学コミュニケーションをつなぐ科学者の対話力トレーニングプログラム開発 https://t.co/Wr8N4FBbMz
RT @PuiPuiYukke: 「日本型の市民科学が抱える課題: 乳幼児からの幅広い世代の市民と科学との関連性」 拙著の『保全生態学研究』誌に掲載された意見論文ですが、そういえば先月あたりにWEBでも公開されていたのだった。宜しければ。 https://t.co/Du5OIt…
心理尺度の仕様書 平井, 2006ってどれだろ あとでここから探す https://t.co/Z14s3w1aul
RT @uranus_2: イルカの観察,イルカへのタッチ,およびイルカとの遊泳に伴う気分の変化 https://t.co/Dl1LgSpW00
J-STAGE Articles - 低頻度大規模攪乱としての巨大津波が海岸林の樹木群集に与えた影響(<特集>東日本大震災と砂浜海岸エコトーン植生 : 津波による攪乱とその後の回復) https://t.co/BQGR9arrWQ
J-STAGE Articles - 遠洋まぐろ延縄漁業におけるメバチの販売価格に及ぼす潜在要因の影響:一般化線形混合モデルによる検討 https://t.co/jCgaqX2HF0
J-STAGE Articles - 長期間の高圧環境曝露が認知能力に及ぼす効果 https://t.co/j8fcYJMCDg
CiNii 雑誌 - 環境社会学研究 https://t.co/9PoYKUtKCo #CiNii
RT @yusai00: 体罰による望ましくない副次的な効果についてはこちらを https://t.co/DJ8IivR93u 体罰に代わる「ポジティブな行動支援」についてはこちらを https://t.co/TaouyBpAnb https://t.co/3owThOEnW…
RT @yusai00: 体罰による望ましくない副次的な効果についてはこちらを https://t.co/DJ8IivR93u 体罰に代わる「ポジティブな行動支援」についてはこちらを https://t.co/TaouyBpAnb https://t.co/3owThOEnW…
RT @yusai00: 体罰による望ましくない副次的な効果についてはこちらを https://t.co/DJ8IivR93u 体罰に代わる「ポジティブな行動支援」についてはこちらを https://t.co/TaouyBpAnb https://t.co/3owThOEnW…
RT @KgPsysci: 中島ゼミでは水族館と研究協力してイルカの行動も研究しています。例えば、イルカの問題行動の低減法などの研究があります。(中島定彦) https://t.co/Gnb08pNNh8
カワバタ(@Rsider)さん,『動物観研究』に論文書かれてた! CiNii 論文 -  17世紀、出島に「来日」していたドードーをめぐって https://t.co/U5cSfqdQne #CiNii
RT @Historyoflife: 昨年のノーベル物理学賞のテーマをどう解説するか、考えたことを北海道大CoSTEPが発行するJJSC誌に書きました。「わかりやすさと正確さの間で」 https://t.co/XjdqOLZvFz いろいろなメディアでの解説を批評しています。僕…
RT @KgPsysci: 中島ゼミでは動物カフェに関する研究もしており、猫カフェに関する卒論調査は学会誌論文になっています。その後も、卒論で、ウサギカフェ、フクロウカフェ、爬虫類カフェの調査に取り組んだ学生がいます。(中島定彦) https://t.co/LaQadGduA3
RT @tw_ykaji: これも CiNii 論文 - 大学生における浮気観と浮気・被浮気経験との関連 https://t.co/99bwrwPfVn #CiNii
RT @tw_ykaji: 浮気の心理学に関する日本の研究 CiNii 論文 - 青年期における恋愛と性行動に関する研究(3)- 大学生の浮気経験と浮気行動 - https://t.co/ra8cKbg8fe #CiNii
著者経歴をつらつら見ていてこれに惹かれた。IOP(伊豆海洋公園)行きたくなったー。 >CiNii 論文 -  伊豆海洋公園におけるホンベラとカミナリベラの場所利用 https://t.co/l7lAm6Ey2R #CiNii
RT @MasakiHoso: 青山聖子 (2008) 分野の違う人に伝わる文章を書くために.生物物理 48(6):347-351. https://t.co/rGO5KHnxTm 表1. 科学の文章を書くときのチェックポイント. https://t.co/sdwDiWr70k
RT @asarin: 三浦・小森・松村・前田「東日本大震災時のネガティブ感情反応表出──大規模データによる検討──」(心理学研究)がJ-Stageで早期公開されました→ http://t.co/SSJzJ3pOP8
RT @drkgoto: 大教室の講義における大学生の私語マネジメント ―好子出現阻止による弱化を用いた介入の有効性― http://t.co/Za40RJYg88
面白い研究があるもんだなあ。 >嘉幡貴至(2009)アニメ聖地巡礼の生起要因についての一考察 : 認知心理学的観点から 北海道大学文化資源マネジメント論集 http://t.co/zShK6yI99x
@hyakuson つhttp://t.co/eVlnzbbIGC (縦断調査じゃないし近くもないけどとりあえず検索してみて出てきたやつ)
RT @okisayaka: 科学技術報道について研究者が伝わらなかった、間違った報道をされたと感じる事例についてはこちら https://t.co/vRi0N7wIeN
SC(スクールカウンセラー)によるSC(サイエンスコミュニケーション),的な。「SCのための」を入れたい(意味なし) >絵画を用いたストレスマネジメントプログラム教材の開発に向けて : 感覚・感情・思考をつなげるイメージの共有 http://t.co/j0rxjDxtPz
RT @kaihiraishi: 特任かポスドクか。それが問題だ。http://t.co/RzKGp44L07
なるほどこうなったのか。 >楠見孝 (2013). 心理学とサイエンスコミュケーション サイエンスコミュニケーション:日本サイエンスコミュニケーション協会誌, 2, 66-71. http://t.co/s5WmiPgS6K
RT @kaihiraishi: 中谷内センセイの「消費者心理の落とし穴」面白かった。てゆうかナカヤチセンセイ、こんな仕事もされているとは幅広すぎ。掲載誌が「繊維製品消費科学」ってのも謎。J-stageに感謝。 https://t.co/lCgCir50ZV
この特集ちょっと気になるんだけどかなり腰を据えて読まないと理解できない(泣):社会学評論「『心理学化』社会における社会と心理」 https://t.co/CpPZqbiK7W
RT @gnsi_ismr: 木原英逸 「科学技術コミュニケーションの新自由主義的偏向」 http://t.co/9C0K1CXM
お知らせくださったのはこれですね。職場で入手します。 RT @Rsider: 「国家の装置としてのPTA」という論考を、民俗学者・岩竹美加子さんが書いていて、http://t.co/ToYJC447 専門分野の訓練を受けた人がPTAを見るとちょっと違った景色が見えると感心
広汎性発達障害児は複雑な(体全体,左右非対称)の姿勢や運動の模倣があまりうまくできない。これはPDD児特有の知覚・認知機能の障害(身体図式や上下左右の理解の困難)と関連があると思われる。(井上・元野, 2011) http://t.co/35W2FdvL
RT @kenjiitojp: NISTEP Repository: 将来社会を支える科学技術の予測調査第9回デルファイ調査 http://t.co/ltYXSDGO
ちょっとサイニイで文献探してたら,(欲しいものとは全然違うけど)めちゃ格好いいもの見つけた:『超伝導電磁推進船ヤマト』(溶接学会誌) http://t.co/7HWXUY3p うわーぜったいこのタイトルつけたときにニヤリってしたよね?
メタ「分析」かと思ったらメタ「統合」だった。どういう手法なのか不勉強で知らないせいなのか,「メタ統合を用いた分析」って言われると,どっちやねん!と突っ込みたくなる。 http://t.co/7eOBUu9d http://t.co/PEshpoOj
残念ながら本文もアブストも読めませんでした。 http://t.co/5sNvAuv8 学校で探し直してみよ。

お気に入り一覧(最新100件)

動物は笑うか? : 動物に笑いを認める場合の基準 https://t.co/Mb5OVMgFfl
ペットを飼う高齢者について、大都市(世田谷)と地方(米沢)で比較。ペットを飼っている率は米沢の方が高いけど、ペットとの情緒的一体感を有する率は世田谷の方が圧倒的に高い、らしい。 https://t.co/ThTx7cZHTD
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/B1P7QzTRVV
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/B1P7QzTRVV
【統計検定を理解せずに使っている人のためにⅠ〜Ⅲ】 東北大学の池田郁男 先生による生物実験でよく用いる統計検定法を原理から、どのように使い分けるかまで数学が苦手な人(僕)でもわかるようにまとめられている。… https://t.co/B1P7QzTRVV
ヤギをさわると一時的にポジティブな気持ちになるよ、という論文 https://t.co/4QPe7LVudZ
【「心理学研究」新着早期公開論文(5月分)】 公募型Web調査における複数回答形式の有効性評価 早期公開はこちら https://t.co/R7SxK8dUPh 日本語アブストラクトはこちら https://t.co/9N6RfmA4sp
「先行研究を調べなさい」と言われて途方に暮れているそこのあなた!こちらの「資料のえじき ―ゾンビな文献収集」をぜひご覧ください(^_^)「ゾンビ」の先行研究探しを例に、詳細解説!!「ゾンビ」をあなたの好きな言葉に入れ替えれば、きっ… https://t.co/ichYzmlpOG
@HIGUCHI_MA という研究を昔したことがある J-STAGE Articles - 高速再生されたスピーチの理解を向上するためのポーズ長操作 https://t.co/DlkKp7beNA

32 0 0 0 OA 実験心理学講義

やばい、1909年の日本の心理学の教科書がダウンロードできるのを見つけた。 野上俊夫・上野陽一(1909). 実験心理学講義 同文館 https://t.co/s4kkIf457X
ネットにあがりました。J-STAGE Articles - 女子中高生の数学に対する意欲とステレオタイプ https://t.co/QmNoFSlfP6 (教育心理学研究)
メモ 動物園における野生動物福祉の査定 - https://t.co/kXxI8Stmx7 #ScholarAlerts
【実験社会心理学研究・掲載論文】黒川雅幸(2014) もったいない感情の心的機能に関する研究 https://t.co/sOMElnflDj
JST編集発行の『情報管理』60巻1号の《この本! おすすめします》という欄に「日本(人)にとって、科学とは?」というエッセイを書きました。科学史家・辻哲夫の『日本の科学思想』を紹介しつつ、日本の知的風土と西洋由来の科学の関係を考… https://t.co/HWGI521vYg
こちらも早期公開:スポーツ競技者におけるBig Fiveパーソナリティ特性と競技レベルとの関連 https://t.co/62t02tta4i
【「心理学研究」新着早期公開論文(11月分)】 見慣れた文字だと納得しやすい――筆跡の反復接触による説得効果の促進―― https://t.co/y1tmdJ65ap
飛行機の中で人の感情・認知能力・体は変化し、地上とは異なる反応を見せるようになる https://t.co/UsaTifVNOl もうちょい突き抜けると野口・木下論文「宇宙空間における重力基準系の変化は人にどのような影響を与えるか」→https://t.co/AioMcKU12y
【発表】昨日出たウシマンボウの論文です! ・近年のマンボウ属の分類の流れを総括 ・インド洋で初めて遺伝的にウシマンボウを確認 ・先行研究者が「別種」として論文に出した2個体は「同種」だった ・ウシマンボウとマンボウの小型は識別が困難 https://t.co/CLK6r0N2Xg
『コンテンツツーリズム研究』(福村出版)は全国198の図書館に配架されています!観光学や地域振興関係の研究やるなら是非読んで欲しいです。CiNii 図書 - コンテンツツーリズム研究 : 情報社会の観光行動と地域振興 https://t.co/YtzQdBVu0J #CiNii
関連する研究に平川真さんのものがありますね。 https://t.co/9xdonUNSM5 「なぜか仲良くなれない…」丁寧語・敬語の“盲点” : 読売新聞 https://t.co/nq9spOvHh0
CiNii 論文 -  ウサイン・ボルトの" I "は、なぜ「オレ」と訳されるのか : スポーツ放送の「役割語」 https://t.co/X98NGPDABP #CiNii
おととし関西実験動物研究会で行った講演「動物福祉と供養の倫理」を文章化したものを『関西実験動物研究会会報』に掲載していただきました。 https://t.co/kjgHAAlAD4
持続可能な動物園改革にむけて  児玉 敏一  (札幌学院大学経営論集) https://t.co/TwVi2eVtHT
男性は野菜を見たり食べたりするよりも、肉を見たり食べたりした後の方が男性の顔の魅力を高く評価する。女性は肉と野菜の両方を見たときに、女性の顔の魅力を最も高く評価。それにしても肉群、野菜群って(笑)⇒肉を見ると同性の顔の魅力は高まるか?https://t.co/ngNF419ZYR
根ケ山光一(2016). ヒトにおける身体化された母子関係の発達 動物心理学研究 66, 47-51. https://t.co/LYPACbVgrd
日本人の自尊感情の男女差が年々小さくなってきたという論文を出したことがあるのですが(https://t.co/7BbcxoZMlR)、男女平等では「ない」国ほど自尊感情や性格の男女差が小さいという報告がある。 https://t.co/poQxVFbolK
「自分」という単語の上に「他人」という単語がある実験で「他人」を「自分」の位置まで物理的に引きずりおろすよりも「自分」を「他人」の位置まであげる方が、妬みよりも羨望を感じる⇒自己他者概念と上下の運動感覚が妬みと羨望の生起に及ぼす影響 https://t.co/3stIMMsXb5
日本語のprocessing fluency関連の論文 中山 真孝,齊藤 智 『どうか名前で判断しないでください:―名前の印象判断に項目内音韻類似性と音素配列頻度が与える影響―』 https://t.co/0hyy3NbwEr
動物のパーソナリティと行動シンドローム(日本語総説、PDF) https://t.co/lMuR7jANnS
比較の2つの立場:動物の行動・学習過程の普遍性を示す立場(連合学習)と,動物行動の差異を進化論に基づき理解する立場(比較認知科学) 後藤・牛谷(2008). 動物心研 https://t.co/7n3a4jGXgg #比較認知科学
巻頭言 公認心理師に期待されるスタンダード・コンピテンス 鈴木 伸一 早稲田大学人間科学学術院 心身医学 56(7), 691-691, 2016 公開日 20160701 一般社団法人 日本心身医学会 https://t.co/xPYnd8TQ0q
勉強になった。/CiNii 論文 -  ロハスにおける自然観と科学観 https://t.co/xB01euTjrv
肝心のリンク忘れました。→持田誠さんの「博物館と生態学(25)いま市町村の博物館紀要が直面している課題」https://t.co/7p3QZ7oEkW 日本生態学会誌66:265-270(2016)”公共財としての博物館紀要への「アクセス権の保障」”について論じておられます。
中島ゼミでは動物カフェに関する研究もしており、猫カフェに関する卒論調査は学会誌論文になっています。その後も、卒論で、ウサギカフェ、フクロウカフェ、爬虫類カフェの調査に取り組んだ学生がいます。(中島定彦) https://t.co/LaQadGduA3
小学校の3・4・5年生でひとり言尺度。ひとり言が発せられる状況として4因子が存在。小学生はひとり言で、自分の気もちや行動を調整している。5年生は4年生よりもひとり言をより多く発している⇒小学生のひとり言についての心理学的研究 https://t.co/ZrkkWNlDdm
https://t.co/kXneUGMK2H 尾見先生のこの論文は1994年だが今でも問題とされている「最新の」テーマが扱われているよね。
【「じろう」じゃなくて「しげお」だよ】杉山滋郎先生のご退職によせて-北海道大学大学院理学院 科学技術コミュニケーション研究室 https://t.co/6bvl6AT4cS 「北大における科学史、科学概論や関連分野の教育・の系譜」 https://t.co/yVxdC1MLjI
青山聖子 (2008) 分野の違う人に伝わる文章を書くために.生物物理 48(6):347-351. https://t.co/rGO5KHnxTm 表1. 科学の文章を書くときのチェックポイント. https://t.co/sdwDiWr70k
【社会心理学研究・掲載論文】小杉(2012) 情報の非対称性を伴う二者関係での予期と行動の相互支持過程の検討 https://t.co/NI2O6WfCi5
柴田玲子・高橋惠子(2015). 小学生の人間関係についての母子の報告のズレ 教育心理学研究, 63, 37-47. https://t.co/Zzu30ah9sU
【社会心理学研究・掲載論文】長谷川ら(2007) インターネット上の自己評価と現実の自己評価との相互影響過程についての検討:両者のズレと精神的健康との関連の観点から http://t.co/7wFJcntuuC
「教育心理学研究」は発行されたらすぐにオンライン公開になったのか。 波田野 結花, 吉田 弘道, 岡田 謙介 (2015). 『教育心理学研究』におけるp値と効果量による解釈の違い https://t.co/VR9LrEE6aE
磯崎三喜年・ナルデッシマルコ(2012). きょうだいの有無によるきょうだい意識と友人関係の違い 教育研究, 54, 113-120. http://t.co/2zzaE6WHo7
【社会心理学研究・掲載論文】常岡ら(2012) 他視点取得の活性化による言語的攻撃の抑制 http://t.co/0IWaeTwExY
小比田涼介(2014). Twitterでの自己開示とシャイネス : シャイな人々にとっての自己開示機会としてのTwitter 筑波応用言語学研究, 21, 124-137. http://t.co/xddnQ656sr
【社会心理学研究・掲載論文】藤本ら(2007) 小集団コミュニケーションにおける話者の叙述パターン http://t.co/7u1L08syq7
細坪護挙(2013). 科学技術に対する国民意識調査の統計解析による政策アプローチ 年次学術大会講演要旨集, 28, 319-324. https://t.co/RkdMRBqT95
三浦・小森・松村・前田「東日本大震災時のネガティブ感情反応表出──大規模データによる検討──」(心理学研究)がJ-Stageで早期公開されました→ http://t.co/SSJzJ3pOP8
大教室の講義における大学生の私語マネジメント ―好子出現阻止による弱化を用いた介入の有効性― http://t.co/Za40RJYg88
「悉皆調査だから検定はしない」と宣言している社心研掲載論文.敢えて論評しない>CiNii 論文 -  商品に対する関与と商品購買時の情報探索におけるくちコミの利用との関係 http://t.co/07ppU4ibX5 #CiNii
【社会心理学研究・掲載論文】町ら(2006) 話し手の方言使用と印象:コードスイッチの適切さと聞き手の出身地による影響 http://t.co/UdskygrlrO
ゼミ生から信頼ゲームと囚人のジレンマゲームの違いを尋ねられたので,松田(2001, 心研:信頼と協力)を紹介した。この疑問にはこの論文が一番だと思う。本当によくまとまっている。 http://t.co/RJyW8OVX3j
石村源生「書評 福島真人『学習の生態学 : リスク・実験・高信頼性』 」(2013年 科学技術社会論研究 第10巻) http://t.co/RgIkey2upA
【社会心理学研究・掲載論文】三浦ら(2009) 内容分析による知識共有コミュニティの分析:投稿内容とコミュニティ観から  http://t.co/ucuqs0nbnH
科学技術報道について研究者が伝わらなかった、間違った報道をされたと感じる事例についてはこちら https://t.co/vRi0N7wIeN
阪大GCOEデータを使って頂き感謝です。RT @oshio_at: 早期公開されていますよ→縄田健悟『血液型と性格の無関連性―日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠―』心理学研究 http://t.co/uSHgbLiKSi http://t.co/evnedjIQml
阪大GCOEデータを使って頂き感謝です。RT @oshio_at: 早期公開されていますよ→縄田健悟『血液型と性格の無関連性―日本と米国の大規模社会調査を用いた実証的論拠―』心理学研究 http://t.co/uSHgbLiKSi http://t.co/evnedjIQml
“立花浩司(2014)「科学者と法律家との協働をめぐる課題と展望 ──JST/RISTEX「法と科学」プロジェクトの事例分析──」(北陸先端科学技術大学院大学 修士論文) - JAIST Repository” http://t.co/k1MFBJXZjy
中谷内センセイの「消費者心理の落とし穴」面白かった。てゆうかナカヤチセンセイ、こんな仕事もされているとは幅広すぎ。掲載誌が「繊維製品消費科学」ってのも謎。J-stageに感謝。 https://t.co/lCgCir50ZV
NISTEP Repository: 将来社会を支える科学技術の予測調査第9回デルファイ調査 http://t.co/ltYXSDGO

フォロー(232ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

2017年度実績報告書『選択性緘黙児童生徒の多様な状態像の解明と個に応じた支援方法の検討』(https://t.co/OQ2tyc4l2H)の研究成果に『障害者心理学: シリーズ心理学と仕事15』(… https://t.co/Hcbfvu0Z6k
2017年度実績報告書『選択性緘黙児童生徒の多様な状態像の解明と個に応じた支援方法の検討』https://t.co/OQ2tyc4l2H
加藤哲文(司会者兼企画者)・高木潤野・岩本佳世・大森五月・加藤哲文(話題提供者)・園山 繁樹(指定討論者) (2018). 発達障害と場面緘黙-その理解と支援上の課題-日本LD学会 第27回大会(新潟)https://t.co/EgWnnCxI15
2017年度実施状況報告書『場面緘黙児・者のセルフ・エフィカシーが治療への参加意欲に及ぼす影響』  https://t.co/JmhRWePz8T
RT @kenichi_ohkubo: みんな俺の論文読むといいよ。 →J-STAGE Articles - 児童生徒の行動問題に対する適正手続きとポジティブな行動支援 https://t.co/P3Cp3ElxOB
【社会心理学研究・掲載論文】高木・小森(2018) 「リスク認知と知識量の関連:電磁波の事例における主観的知識量と客観的知識量の役割の検討」 https://t.co/RbfKXv9K7X
RT @jssp_pr: 【社会心理学研究・最新号掲載論文】三船・横田(2018) 「社会的支配志向性と外国人に対する政治的・差別的態度:日本人サンプルを用いた相関研究」 https://t.co/jenc2smIPU
【社会心理学研究・最新号掲載論文】三船・横田(2018) 「社会的支配志向性と外国人に対する政治的・差別的態度:日本人サンプルを用いた相関研究」 https://t.co/jenc2smIPU
【社会心理学研究・最新号掲載論文】堀川・岡(2018) 「Attitudes Toward Lesbians and Gay Men Scale日本語20項目版(ATLG-J20)の作成と妥当性の検討」 https://t.co/jm09Q0knHw
【社会心理学研究・最新号掲載論文】豊沢・竹橋(2018) 「割引食品に対する衝動性と生活史の関係」 https://t.co/lOgB6mbpsy
【社会心理学研究・最新号掲載論文】秋保・縄田・池田・山口(2018) 「チームの振り返りで促進される暗黙の協調:協調課題による実験的検討」 https://t.co/JqaRi18xo7
『社会心理学研究』新着書評 北折充隆(著)『セレクション社会心理学30 ルールを守る心』(評者・村上史朗)https://t.co/OEPzQbcoCo ★書誌情報 https://t.co/LfT8UcMact
@Kentaro_Fujimo 多少は関心に近い社会心理学研究(つまり「実験や調査でデータをとってモノを言う」もの)にも触れていただきたいと思い,共有します. 横井良典・中谷内一也 治療方針の共有が人工知能への信頼に及ぼす影響 https://t.co/cpAu3JoUro
RT @jgda_pr: 『実験社会心理学研究』論文早期公開のお知らせ 以下の論文がJ-STAGEで早期公開されました.是非ご一読下さい. 香川 秀太 「未来の社会構造」とアソシエーション,マルチチュード,活動理論:贈与から創造的交歓へ https://t.co/d9Is8…
RT @takahiko_mukai: @oikawamaru 3年ほど前の日本生態学会誌にこういう論文がありますよ.味についての言及もされてたと思いますが. 水生昆虫食 : 河川底生動物の食料としての可能性.日本生態学会誌 65(2), 77-85, 2015 https:…
RT @NakanishiyaSh: CiNii 図書 - 論理と歴史 : 東アジア仏教論理学の形成と展開 https://t.co/sQzc6I9JIG #CiNii
RT @NakanishiyaSh: CiNii 図書 - 論理と歴史 : 東アジア仏教論理学の形成と展開 https://t.co/sQzc6I9JIG #CiNii
RT @at2c: 井川 純一, 中西 大輔 (2018). 対人援助職のグリット(Grit)とバーンアウト傾向及び社会的地位の関係――高グリット者はバーンアウトしにくいか? https://t.co/9HrmXj3LFo https://t.co/T9TiVCji34
RT @at2c: 井川 純一, 中西 大輔 (2018). 対人援助職のグリット(Grit)とバーンアウト傾向及び社会的地位の関係――高グリット者はバーンアウトしにくいか? https://t.co/9HrmXj3LFo https://t.co/T9TiVCji34
RT @saisenreiha: シャルルマーニュがトレンドに上がっていたのでどうしたのかと思ったら、FGO だったようだ。時間が掛かりそうなのでやってないのだが、松原宏之「人は「歴史する」、ゲームでもアニメでも」でも言及されていたし、どんなものか知るために少し触るべきか。 h…

フォロワー(446ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @kenichi_ohkubo: みんな俺の論文読むといいよ。 →J-STAGE Articles - 児童生徒の行動問題に対する適正手続きとポジティブな行動支援 https://t.co/P3Cp3ElxOB
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 林 拓也, 主観的距離評定に基づく職業認知次元と集団分化の析出, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 73-84, 公開日 2017/12/01, Online ISSN 1880-4705, Prin…
@Kentaro_Fujimo 多少は関心に近い社会心理学研究(つまり「実験や調査でデータをとってモノを言う」もの)にも触れていただきたいと思い,共有します. 横井良典・中谷内一也 治療方針の共有が人工知能への信頼に及ぼす影響 https://t.co/cpAu3JoUro
RT @bms_pr: 【最新の論文をご紹介いたします】 福田 昌史, 固定電話と携帯電話を対象とした電話調査の導入と推定値の評価, 行動計量学, 2017, 44 巻, 1 号, p. 85-94, 公開日 2017/12/01, Online ISSN 1880-4705,…
RT @jgda_pr: 『実験社会心理学研究』論文早期公開のお知らせ 以下の論文がJ-STAGEで早期公開されました.是非ご一読下さい. 香川 秀太 「未来の社会構造」とアソシエーション,マルチチュード,活動理論:贈与から創造的交歓へ https://t.co/d9Is8…
機能性腹痛症候群(FAPS; 野津, 2013). FAPSは消化管と関連の乏しい慢性の腹痛を来す疾患。Rome III基準で規定される機能性消化管障害の中で唯一機能異常の責任臓器で分類されず単独に定義される。DSM-IVの身体… https://t.co/7hU63PBuHX
RT @at2c: 井川 純一, 中西 大輔 (2018). 対人援助職のグリット(Grit)とバーンアウト傾向及び社会的地位の関係――高グリット者はバーンアウトしにくいか? https://t.co/9HrmXj3LFo https://t.co/T9TiVCji34
RT @at2c: 井川 純一, 中西 大輔 (2018). 対人援助職のグリット(Grit)とバーンアウト傾向及び社会的地位の関係――高グリット者はバーンアウトしにくいか? https://t.co/9HrmXj3LFo https://t.co/T9TiVCji34
RT @beteanimot: 書評:ポーラ・J・カプラン,ジ ェレミー・B・カプラン(著 )森永康子 (訳 )『認知や行動に性差はあるのか一科学 的研究を批判的に読み解 く 一』 (2010年 ,北大路書房) https://t.co/bIieKDQafz "第4章以降は、…
応用をやるには、基礎をやれ。(福井 謙一) https://t.co/yq9I1RZqx2
RT @saisenreiha: シャルルマーニュがトレンドに上がっていたのでどうしたのかと思ったら、FGO だったようだ。時間が掛かりそうなのでやってないのだが、松原宏之「人は「歴史する」、ゲームでもアニメでも」でも言及されていたし、どんなものか知るために少し触るべきか。 h…
RT @at2c: 井川 純一, 中西 大輔 (2018). 対人援助職のグリット(Grit)とバーンアウト傾向及び社会的地位の関係――高グリット者はバーンアウトしにくいか? https://t.co/9HrmXj3LFo https://t.co/T9TiVCji34
RT @at2c: 井川 純一, 中西 大輔 (2018). 対人援助職のグリット(Grit)とバーンアウト傾向及び社会的地位の関係――高グリット者はバーンアウトしにくいか? https://t.co/9HrmXj3LFo https://t.co/T9TiVCji34